Home > 会社情報 > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 経営者メッセージ

経営者メッセージ

証券コード:6924

代表取締役社長
伊藤義剛

ステークホルダーの皆様には、平素より格別のご支援、お引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

2017年3月期における弊社の業績は、照明事業についてはLED照明(器具・ランプ)の出荷数量は増えたものの市場価格下落の影響を受け、公共投資関連が伸び悩んだこともあって、売上額が当初計画ほどの伸長に至りませんでした。
HID照明は、LED照明への需要シフトにより想定の範囲内ではありますが、売上が減少し、前年比マイナスとなりました。
光・環境事業については、前年並みに推移したものの、硬化用が海外現地法人における件名が少なかったことから売上額は前年を下回り、在庫評価損を計上した要因などもあり、営業利益も減少しました。
円高の影響も加わり、結果的に全体の売上高、営業利益、経常利益は前年実績を下回りました。

弊社グループは、2017年3月期からの3年間を対象とする中期経営計画を策定し、全社重点事業戦略として「付加価値を追求したLED照明事業の拡大」「光・環境事業における新規分野への展開」「海外重点地域への戦略的商品投入による事業の推進」の3項目を掲げて事業を展開しており、今年度も継続して取り組んでまいります。

照明事業では、付加価値を追求したLED照明事業の拡大を目指し、商品企画・商品開発、調達、販売の一体化を図るため、弊社は4月1日より組織変更を行いました。
これまで製造・調達、商品企画・開発、販売と分業体制だった機能別組織に替えて、開発のスピードアップと価格対応を可能にする事業部型組織へと変更しました。
民需・海外部門を一緒にしたライティングソリューション事業本部を設けるなど、全社一丸となって市場やお客様に対してより良い提案をすることができる体制を整えました。

光・環境事業については、環境試験分野で価格を抑えた小型EB試験機や耐候性試験市場に訴求するローコストの小型光照射装置を発売しました。
UVキュア事業においては業界No.1照度を実現した高照度UV-LED照射機を発売するなど、市場のニーズにいち早く対応する製品の開発・販売を進めています。
新規市場の開拓やアプリケーション開発に注力し、さらなる事業強化と受注拡大を目指します。

海外事業につきましては、北米及び東南アジアを中心とした重点地域への戦略的商品投入による事業を進めていくという方針に変わりはなく、東南アジア地域向けに屋外照明用のLED商品を販売するとともに、マレーシアにも現地法人を設立し、営業展開の基盤整備を行いました。

2019年3月期に設定しております経営数値目標の達成に向けて戦略的に事業を展開し、企業価値及び業績の向上に向けて邁進してまいります。

今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

2017年6月

このページの先頭へ