小さな光が、大きな未来に。

75th Anniversary - Since 1944 -

岩崎電気は今年、創立75周年を迎えます。
75年前の情熱から生まれた小さな光が、
私たちを照らしてきたように、
未来を照らす新たな光を私たちは創造し続けます。

トップメッセージ

弊社は2019年8月18日で75歳の誕生日を迎えます。
第二次世界大戦の真っ只中の昭和19年8月18日、軍需産業として電波探知機部品を作る「岩崎電波工業株式会社」として弊社は生まれました。終戦とともに岩崎電気株式会社に改称、平和産業へと事業転換を図り、光のプロフェッショナルとしての道を歩み始めます。

暗中模索から生み出された反射形リフレクターランプ「アイランプ」、その技術を応用した「アイ水銀ランプ」は、岩崎電気の創業期を支え、今日に至らせた2大功労者と言えるでしょう。

「アイランプ」発売から70年、「アイ水銀ランプ」からは62年。

日々改良を重ねる中、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプに発展し、品種を拡大しましたが、驚くべきことに、この2種のランプはいまだに現役で製造されています。
これほどまでの長寿な製品をもつ企業はなかなか無いでしょう。

その水銀ランプも2020年末、水銀に関する水俣条約により製造、輸出入が中止となり、歴史に幕を閉じます。外部要因により主力商品が無くなるというのは、企業にとって痛手であることは間違いありませんが、これを危機ととらえるか、好機ととらえるかで今後の四半世紀が変わってくると思っています。

幸い、時代、環境の変化が岩崎電気に追い風となる状況も起きています。
例えば、照明制御。普及の足かせとなっていた通信インフラやユーザーインターフェースが時代に追い付いてきました。お客様が思い描くような照明の実現が、弊社の得意とする制御技術が生きてくる時代が到来しました。

光を生み出す企業として、失敗を恐れず、常に新たな光を創り続けてきた歴史が弊社にはあります。昭和、平成、令和と時代は移り変わっても、この精神は無くすことなく進み続けなければなりません。

新たな光で未来を照らす。この75周年を機に100年企業への新たな光を。お客様の未来を、そして私たちの未来を照らす光を生み続ける。チャレンジをし続ける岩崎電気にご期待ください。

2019年5月
代表取締役社長 伊藤義剛