Home > ニュース > ニュースリリース > 2021 > 紫外線による空気除菌に新たな機能を追加。オゾンによる表面除菌を付加した新商品を発売

紫外線による空気除菌に新たな機能を追加
オゾンによる表面除菌を付加した新商品を発売

2021年1月6日

エアーリア コンパクト デュアル
エアーリア コンパクト デュアル

岩崎電気株式会社は、空気循環式紫外線清浄機「エアーリア」シリーズにオゾンによる除菌機能を付加した「AIRLIA COMPACT DUAL(エアーリア コンパクト デュアル)」を1月26日より発売いたします。

「エアーリア」は、器具内のファンで空気を取り込み、紫外線(UV)ランプで細菌やウイルスを不活化(除菌)する空気循環式紫外線清浄機です。

新開発の「エアーリア コンパクト デュアル」は、紫外線による空気除菌だけでなく、オゾンによる表面除菌が可能で、テーブルや椅子、ドアノブ、スイッチなどに付着した細菌やウイルスなどを不活化(除菌)します。

「エアーリア コンパクト デュアル」に搭載するオゾン発生器は特定非営利活動法人日本オゾン協会の認定製品であり、最高0.1ppm、平均0.05ppm以下のオゾン濃度のため、安心してご使用いただけます

※日本産業衛生学会による労働衛生上の許容濃度は0.1ppm以下(8時間/日の平均曝露濃度)とされています。

なお、当社の製品に搭載する紫外線(UV)ランプの新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の不活化効果について、広島大学病院 感染症科 大毛宏喜教授、広島大学大学院 医系科学研究科 ウイルス学研究室 坂口剛正教授と共同研究の結果、高い有効性があることを確認しています。

特長

従来のエアーリアにオゾンによる除菌力をプラス

「エアーリア」は、UVランプで細菌やウイルスなどを瞬時に不活化(除菌)し、装置上部から除菌された空気を放出します。
「エアーリア コンパクト デュアル」は、さらにオゾンにより、テーブルや椅子、ドアノブ、スイッチなどの表面に付着している細菌やウイルスを不活化(除菌)する機能を付加しました。

オゾン発生量(オゾン濃度)切り替え付き

広い空間で使用するときには「オゾン高モード」を選択することで、濃度を高めたオゾンを発生させることができます(0.05ppm以下なので安心です)。
なお、「オゾン高モード」は、労働衛生上の許容濃度または室内使用機器の許容濃度を超えないよう、1時間で自動解除となり、「低モード」の運転に切り替わります。

安全・安心

オゾンは極めて強い酸化力を持っているため、最高0.1ppm、平均0.05ppmとすることが勧告されています。(日本産業衛生学会および日本空気清浄協会より)
本商品は勧告値以下の濃度のため、人体への悪影響はありません。
万一、オゾン発生器や制御回路が故障した場合は、オゾンが発生しない安全設計です。

メンテナンスが容易

フィルター除菌方式と異なり、ランプ交換のみの簡単メンテナンス。
UVランプの寿命は8000時間で、1日24時間使用した場合、約1年間交換不要です。
オゾン発生器の設計寿命は80000時間で、器具寿命末期まで除菌性能を維持します。

※3ヶ月に1回(もしくは1000時間使用ごと)を目安にオゾン発生器の放電部の清掃を行ってください。

用途例

オフィスでの事務室や会議室、病院やクリニックの診察室や待合室、飲食店、商業施設など

設置台数の目安

装置の処理風量から、1時間あたりに処理可能な空間容量を算出した、設置台数の目安値です。
処理風量 1.1m³/分×60分=66m³ ≒ 16畳

※天井高さ約2.5mを想定した面積となります。(16畳は、約5m四方と同等の広さです)

オゾンによる細菌やウイルスの不活化の仕組みについて

オゾンは極めて強い酸化力で、有機物を酸化分解するため、微生物の不活化や消臭などに活用されています。
細菌やウイルスは有機物のため、オゾンの酸化力によって細胞に影響を受けます。
細菌に対しては細胞壁・細胞膜を、ウイルスに対してはエンベロープ・カプシドを、酸化分解することで不活化(除菌)します。
また、臭気物も有機物ですので、同様の酸化分解によって消臭にも効果が期待されます。

※エンベロープ:ウイルス粒子に見られる脂質二重膜の構造のこと。カプシド:ウイルスの核酸を取り囲むタンパク質の殻のこと

紫外線による細菌やウイルスの不活化の仕組みについて

細菌やウイルスがもつ遺伝子(DNAやRNA)の光の吸収スペクトルと、UVランプの発するスペクトルが類似しているため、細菌やウイルスに紫外線を照射することで遺伝子が光化学反応して不活化し、増殖機能を失います。
なお、第三者機関(一般財団法人北里環境科学センター)による試験データでは、99%の除菌性能などの有効性が示されています。(同等品:横向き天井直付タイプにおいて)
細菌やウイルスには、さまざまな種類があり、種類により紫外線による除菌効果の度合いは一律ではありませんが、基本的にどの細菌やウイルスであっても遺伝子(DNAやRNA)を持っているので、紫外線による除菌のメカニズムから、あらゆる細菌やウイルスを不活化させる効果が期待できます。

仕様

商品名 AIRLIA COMPACT DUAL
(エアーリア コンパクト デュアル)
形式 FZSTZ15202GL15/16
希望小売価格 オープン価格(受注生産品)
処理方式 紫外線+オゾン+ファン送風方式
紫外線(UV)ランプ 15W (GL15) 2灯
定格寿命 8000時間
消費電力 47.5W(50Hz)/40.8W(60Hz)
処理風量 1.1m³/min
オゾン発生器 定格寿命 80000時間
空間処理能力(60分) 66m³
電源 AC100V (50Hz/60Hz共用)
本体 鋼板(仕上色:ホワイト)
質量 11kg
安全機構 カバー開放時運転停止機能、ランプ点灯表示、オゾン発生器の制御インターロック

寸法図

単位:mm

  • ※紫外線やオゾンは細菌やウイルスを不活化する効果がありますが、感染の予防を保証するものではありません。
  • ※「エアーリア」は岩崎電気株式会社の登録商標です。
  • ※「エアーリア」は医療機器ではありません。
  • ※UVランプには微量ですが水銀を含んでいます。ガラス破損に注意し、自治体の回収ルールに従い正しく分別・排出してください。
  • ※ファン動作音が発生しますので、静かな場所(図書館・美術館など)でのご使用に際してはご注意ください。
  • ※商品改良のため、仕様・外観を予告無しに変更することがありますのでご了承ください。

ニュースリリースに掲載されている内容(サービスの内容、商品の価格や仕様など)は、発表日現在の情報です。ご覧になった時点では内容が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ