Home > ニュース > ニュースリリース > 2021 > 東京メトロ半蔵門線 車両内のウイルス感染対策 空気循環式紫外線清浄機の車両搭載試験を開始

東京メトロ半蔵門線 車両内のウイルス感染対策
空気循環式紫外線清浄機の車両搭載試験を開始

2021年11月1日

車両用エアーリア シーリング
車両用エアーリア シーリング

岩崎電気株式会社は、東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長:山村明義、以下「東京メトロ」)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼COO:小島啓二、以下「日立製作所」)とともに、鉄道を利用するお客さまに「安心な空間」を提供するため、空気中に浮遊するウイルス・菌を抑制する機能を持つ空気循環式紫外線清浄機の搭載試験を2021年11月1日より半蔵門線18000系車両1両にて開始します。

「エアーリア シーリング」は、車内の空気を機器内に取り込み、254nm(ナノメートル)付近の紫外線を照射してウイルスや菌を除去した清潔な空気を送り出し、車内空間の環境改善を図ります。
なお、「エアーリア シーリング」は、主に病院、食品工場、商業施設、オフィス、学校など、高い衛生環境の維持が求められる施設で利用されている製品を鉄道車両向けに再設計したもので、鉄道車両への搭載は初めてとなります(当社調べ)。
岩崎電気では、東京メトロ、ならびに日立製作所とともに、地下鉄を利用する乗客の皆さまが安心して快適にご利用いただけるよう、引き続き「安心な空間」の提供に向けた取組みを実施してまいります。

搭載試験について

  1. 実施時期:2021年11月1日~2022年3月上旬予定
  2. 対象車両:東京メトロ 半蔵門線18000系車両 1両
  3. 搭載箇所:車両天井部の内部に搭載

※天井内部のため、客室内からは見えない場所になります。

半蔵門線18000系車両

エアーリア シーリング搭載箇所

エアーリア シーリング搭載位置(断面図)

エアーリア シーリング搭載位置(平面図)

空気循環式紫外線清浄機の概要

紫外線による空気除菌は、空気中に浮遊するウイルスや菌に紫外線を直接照射し、空気の対流によって徐々に車内を清浄化する方法。
「エアーリア シーリング」は強制的にファンで空気を機器内に取り込み、クリーンな空気を吹出口より放出し、空気を循環させることで車内の衛生環境を保ちます。
エアーリア シーリングに搭載する紫外線ランプは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の除菌効果について確認しており、主に病院や食品工場など、高い衛生環境の維持が求められる施設などで利用されています。
なお、エアーリア シーリングは、天井内部に取付け、かつ紫外線ランプは金属製本体に格納されているため、お客さまの目や皮膚に直接照射されないよう配慮し、安全にご利用いただけることを確認しています。

※新型コロナウイルスへの効果に関する詳細は下記ページをご参照ください。
岩崎電気の紫外線ランプ、新型コロナウイルス不活化の有効性を確認

エアーリア シーリングの除菌のしくみ

今後の展開

鉄道車両の設置環境下におけるメンテナンス性を評価し、製品化を進めていく予定です。

  • ※「エアーリア / AIRLIA」は岩崎電気株式会社の登録商標です。
  • ※商品改良のため、仕様・外観は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。

ニュースリリースに掲載されている内容(サービスの内容、商品の価格や仕様など)は、発表日現在の情報です。ご覧になった時点では内容が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ