照明器具・照明分野

工場施設照明

「虫対策」虫でお困りではありませんか?

誘虫・低誘虫。光の力で虫を制御。

虫の好む誘虫ランプでおびき寄せ、捕虫または電気で殺虫。
虫に見えにくい低誘虫ランプで照明することで寄り付きにくくします。

虫が好む光と、虫には見えづらい光とを組合せて使用することで、害虫対策はより効果的になります。

誘虫・低誘虫

虫をおびき寄せる光

誘虫器具

誘引効果の高い光で虫を誘い、感電させたり捕獲することで、屋内外の各種施設に虫のいないクリーンな環境をつくります。

誘虫器具

虫を寄り付きにくくする光

低誘虫照明

虫の好む紫外線をカットし、虫の誘引性を低減。撃退ではなく、飛来を抑制するので生態系への影響も軽減します。

低誘虫照明

 

どうして虫をおびき寄せたり、寄り付きにくくできるの?

人間の目は約550nm付近の光(黄緑色)を最もよく感じます。一方、虫は約360nm前後の光(紫外線)を最もよく感じます。従って、紫外線を効果的に発光させたり、紫外線をカットすることで、虫をおびき寄せたり、寄り付きにくくできるのです。

人と虫の視感度曲線

人と虫の視感度曲線

人の目と虫の目の見え方の比較

虫は主に紫外線を光として感じているため、紫外線を少なくすることは虫にとっては暗く見え、寄り付きにくい明かりとなります。一方、人の目は主に紫外線以外の可視光380〜780nmの範囲を光として感じているため、紫外線をカットしても明るさにはほとんど影響ありません。UVカット形メタルハライドランプは、紫外線を大幅にカットしているため、明るさはそのままに虫の誘引を抑制することができます。

虫の目の見え方


UVカットなし

→


UVカットあり

虫の目から見ると、光が暗く感じられるため、誘虫性が低くなります。

人の目の見え方


UVカットなし

→


UVカットあり

人の目で見ると、明るさは変わりません。
 

各種光源の誘虫性比較

種別 商品名 比率
白熱電球 一般形 - 30 100
蛍光ランプ 普通形白色 アイライン 42 139
水銀ランプ
(蛍光形)
一般形 アイ 水銀ランプ 100 334
メタルハライドランプ 5波長域蛍光形 FECマルチハイエース 86 287
FECマルチハイエースH 81 272
UVカット形
5波長域蛍光形
UVカット形
FECマルチハイエースH
50 168
セラミックメタルハライドランプ
(UVカット形)
始動器内蔵形 FECセラルクスエースPRO
FECセラルクスエースEX
40 135
専用安定器 セラルクス 3000K 23 78
セラルクス 3500K 38 128
セラルクス 4200K 44 148
高圧ナトリウムランプ 高演色形 ハイラックス 2500K 18 59
高効率形 FECサンルクスエース 16 53
黄色・害虫防除形 エコイエロー 8 26
  • ※比率の左は水銀ランプを100とした値、右は白熱電球を100とした値です。
  • ※誘虫性比率はBICKFORDの昆虫の走光曲線による評価法。
  • ※日本電球工業会 技術資料 No.021-2006による。

PAGE TOP

工場照明Topへ

このページの先頭へ