ランプ・光源情報

[HIDランプ]メタルハライドランプ

FECマルチハイエースH

FECマルチハイエースH

5つの発光元素による爽やかな白色光で、演色性アップとちらつきを低減。高効率110ℓm/WのLSH2タイプもラインアップ。

種類 100W・175W・250W・300W・400W 200W
透明形 蛍光形 透明形 蛍光形
演色性 Ra:70 Ra:75 Ra:65 Ra:70
相関色温度 4500K 4200K 4500K 4200K
  • ※200Wは生産終了品。

分光分布図

4200K分光分布図

4500K分光分布図

特長

ランプ効率アップ(LSH2タイプ)(250W・400W)

末尾形式LSH2タイプの400Wは、110ℓm/Wと従来形より約10%アップの高効率を実現。

演色性アップ / ちらつきをさらに低減

従来のナトリウム、スカンジウムの発光元素にリチウム、タリウム、インジウムを加え、5波長域の発光スペクトルを実現。平均演色評価数Raが75(蛍光形)と5ポイント向上し、色彩をより鮮やかに映し出します。


5波長域の発光スペクトル

従来形に封入されていたナトリウム、スカンジウムの発光元素に、新たにリチウム、タリウム、インジウムの3元素を加え、色の見え方に優れた5波長域の発光スペクトルを実現。ちらつきを低減し、爽やかさが増した白色光は、従来形に比べ赤、緑、青色を美しく映し出し空間の質的向上を実現できます。

添加物による色補正効果のグラフ

爽やか感がアップした5波長域白色光

相関色温度が高くなり、より「白い光」で爽やか感を演出します。

寿命が12000時間(250〜400W)、100W・175Wは9000時間

長寿命化によりメンテナンス費用を大幅に削減できます。

始動時間を短縮(100W)

始動時の立ち上がり時間を従来の約半分に短縮しました。

パルスの電圧・位相を適正制御

FECスタータの発生するパルスは、電圧および位相とも適正に制御されています。

パルス発生電圧を減少

従来の始動器に比べ、発生パルス電圧は約半分になりノイズが少なく、精密機械などへの影響が抑えられます。

水銀灯用安定器で点灯

水銀灯用一般形・低始動電流形安定器で点灯できます。

テフロン™膜付タイプ(形式末尾“P”付)

テフロン膜付タイプ

テフロン™膜を塗布することにより、ランプの落下、物の衝突など外的衝撃で万一外球が破損した場合でも、ガラス片はほとんど飛散しません。

  • ※器具を設計される場合、外球の表面温度は260℃以下になるようにしてください。
  • ※テフロン™:米国ケマーズ社(The Chemours company)の商標です。

用途

  • 工場の高天井照明
  • 銀行営業室、オフィスビル、空港ビルロビー
  • 公会堂、講堂
  • 体育館などのスポーツ施設
  • 百貨店吹き抜け部、スーパーマーケット、ショッピングセンター、アーケード、商店街路、地下商店街の通路、サイン広告用
  • 公園、街路

始動器内蔵形メタルハライドランプの従来形とFECマルチハイエースHの比較(当社比)

  従来形 FECマルチハイエースH
パルス電圧波形図(発生したパルス電圧を重ね合わせた図) グラフ
不整列・制御されていない
ピーク電圧最大4kV=電極への負荷・大
グラフ
整列・制御されている(始動し易い)
ピーク最大電圧1.5kV
雑音電力波形図(パルス電圧発生時に生ずるノイズを表わした図) 機械式スタータ
グラフ
テレビのチラツキやラジオなどを受信中にノイズが入る場合がある。
FECスタータ
グラフ
ノイズが発生しても、従来形に比較して、かなり抑えられる。
ランプ不点時の安定器への影響 高いパルスが継続して発生する。(安定器への負荷が大きい) パルスは継続するが、パルス電圧が低く安定器への負荷が少ない。

安定器

低始動電流形安定器〈H-CL形〉

低始動電流形安定器〈H-CL形〉

回路図

特長
  • チョークコイル形安定器(CC形)の力率改善用コンデンサの容量を増し、コンデンサ進相電流を大きくしたものです。このため始動時の入力電流が小さくなり(安定時との差が少なくなる)、配線容量を低減できます。
選び方
  • 電源電圧に変動が少なく(±6%以内)電源配線容量が定まっている場合。
  • ランプ始動時に他の設備の稼働に問題がある場合。

一般形高力率安定器〈H-CC形、H-TC形〉

一般形高力率安定器〈H-CC形、H-TC形〉

回路図

特長
  • 低力率安定器にコンデンサを内蔵して、力率を改善したものです。力率は90%と高く、水銀ランプの点灯回路として経済的です。また、コンデンサには、保護機能を付けて安全性を高めています。
選び方
  • 電源電圧の変動が少なく(±6%以内)電源および配線容量に十分余裕のある場合。
  • 設置費用を軽減したい場合。

一般形低力率安定器〈H-C形、H-T形〉

一般形低力率安定器〈H-C形、H-T形〉

回路図

特長
  • 力率が60%前後の安定器です。電源電圧10%の変動に対して、ランプ電力は18〜22%変化します。
  • 波高率が1.4〜1.5と低く、ランプの電極を傷めることが少なくなっています。
選び方
  • 電源電圧の変動が少なく(±6%以内)電源および配線容量に十分余裕がある場合。
  • 設置費用を軽減したい場合。

詳細情報

PAGE TOP

[HIDランプ]メタルハライドランプ(メタハラ)

このページの先頭へ