Home > 納入事例 > 水浄化処理システム 水再利用 > 国立京都国際会館 水循環利用「中水システム」

納入事例

水浄化処理システム 水再利用

国立京都国際会館 水循環利用「中水システム」京都府京都市左京区

環境に配慮し、限りある資源「水」を再利用する水循環利用「中水システム」

Myリストに追加
  •  
  •  
  • 幸が池より本館をのぞむ。澄みきった水が潤いのある景観を創出する。

施設概要

施主
国土交通省近畿地方整備局
設備設計
(株)総合設備計画

会館南側に面して造られた人工池「幸が池」には生息する白鳥や魚などに影響のないろ過システムとして“アイテップUVシステム”が利用されています。また「水循環利用 中水システム」は、会館内で使用される生活排水などを膜分離処理装置で浄化し、その水を再利用するものでシステム導入後は水使用量の大幅な削減になりました。

主な納入器具

  • アイテップUVシステム 特注タイプ30灯型 - 3台
    水循環利用 中水システム - 1式

  • 関連情報

    水浄化処理システム

このページの先頭へ