Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 外構 > 横浜・八景島シーパラダイス ふれあいラグーン

納入事例

建築外構・景観演出 外構

横浜・八景島シーパラダイス ふれあいラグーン神奈川県横浜市金沢区

「Open Aquarium」という屋外形の新しい水族館を魅力的に照らす

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • ふれあいラグーンに隣接する「ホテル シーパラダイス イン」より全景をのぞむ。

施設概要

施主
(株)横浜八景島
設計
(株)デザインシステム・西武造園(株)
施工
西武建設(株)
電気工事
(株)きんでん

竣工

2007年7月

『ふれあいラグーン』は、2007年7月に横浜・八景島シーパラダイス内にオープンした、新しい展示スタイル「Open Aquarium」をコンセプトとし、海の生きものたちとのさまざまな「ふれあい」を体験できる屋外形の新水族館です。施設は「ホエールオーシャン」、「ヒレアシビーチ」、「サカナリーフ」と3つのゾーンに分かれ、イルカやクジラ、セイウチ、オタリア、ゴマフアザラシ、ペンギンなど海の生きものたちがのびのびと暮らせるよう、生態に配慮するとともに、人と生きものが互いにふれあいながらコミュニケーションを取れるよう、ガラスや柵を可能な限り取り除くなど、開放的なつくりを大きな特長としています。また、海の動物たちの「ふれあいパフォーマンス」や、飼育トレーナーのもとイルカやクジラと触れ合える「ふれあいプログラム」も実施しています。

夜間においても海の生きものたちとの「ふれあい」を安全で安心して行なうために必要な明るさを確保することを基に、さまざまなゾーンに適した明るさ、照明手法で整備し、快適な視環境を提供しています。

演色性の良いセラルクス3200Kの光が、暖かみのある雰囲気を創り、海の生きものや景観の自然な見え方を実現しています。

主な納入器具

  • 投光器 アーバンアクトβ(セラルクス150W/3200K) - 107台

  • 投光器 アーバンアクトβ ポケット(セラルクスT(G12口金形) 35W) - 12台

  • 街路灯 mitis(ミーティス) アームタイプ(セラルクス150W/3200K) - 8基

  • 屋外ブラケット(セラルクスT(G12口金形) 35W) - 8台 ほか

このページの先頭へ