Home > 納入事例 > 建築外構・景観演出 ライトアップ > 袋田の滝 ライトアップ

納入事例

建築外構・景観演出 ライトアップ

袋田の滝 ライトアップ茨城県久慈郡大子町

LEDの新しい光で由緒ある滝を幻想的に演出し、荘厳で神秘的な夜間景観を創出

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 青色LED投光器と白色LED投光器で滝を幻想的にライトアップ。観瀑台ではLED投光器を間接照明に使用し、やわらかな明るさを確保している。

施設概要

施主
大子町 企画観光課

竣工

2011年11月

日本三名瀑のひとつに数えられる袋田の滝は、高さ120m、幅73mの大きさを誇る滝で、日本滝百選に選定されています。大岸壁を4段に流れることから「四度の滝」とも呼ばれ、新緑や紅葉、冬の氷瀑など、四季折々の自然とともに変化する滝の見事な表情を楽しむことができます。
大子町では、これまでも秋冬にライトアップを行ってきましたが、2010年より、全国初となるLEDによる滝のライトアップを始めました。〈奥久慈袋田滝紀行 美観の秋・荘厳の冬〉と称し、昼景とは異なる優美で幻想的な夜の滝の魅力を光で演出、県内外から訪れる多くの観光客を魅了しました。指向性が強く配光制御が容易なLEDを使用することで、効率良く必要な場所だけを照射し、環境に配慮した照明演出を実施。大岸壁を流れる水の白さを強調し、光の強弱により滝の奥行き感を演出するとともに、白色光、電球色光、青色光のLED投光器を使い分け、荘厳で神秘的な雰囲気をつくり出しました。

このページの先頭へ