Home > 納入事例 > 道路照明 高速道路 > 大阪府道 兵庫県道高速池田線 延伸部

納入事例

道路照明 高速道路

大阪府道 兵庫県道高速池田線 延伸部大阪府池田市

周辺環境に配慮し漏れ光を抑えた高速道路の快適照明

Myリストに追加
  •  
  • HID
  • 亀岡方面からの入口ランプ付近。照明器具は周辺環境に配慮し遮音壁取付器具となっている。

施設概要

施主
阪神高速道路公団

竣工

1998年3月

1998年4月に開通した大阪府道・兵庫県道高速池田線(小花~木部)は、北摂地区の交通渋滞を解消するために整備された高速道路で、豊中市より川西市へ抜けるバイパスとして利用されています。道路は上り下り2車線で一部高架橋となっています。

本道路照明については、近隣にマンションなど住宅地が控えていることを考慮し、特に漏れ光に留意しました。亀岡方面へと抜ける出入口、及び川西市へと抜ける出入口部分の照明は、従来のポール形照明器具を遮音壁に直接取付ける箱形照明器具に変更することにより、周辺環境への光の漏れを極力抑えるようにしました。

光源は車道灯、及び遮音壁取付用照明器具とともに高効率の高圧ナトリウムランプ アイ サンルクスエースを使用し、暖かみのある光で快適に道路を照らし出しています。また、耐候性に優れた照明器具、耐震性のポールを使用することにより、安全性に十分留意した照明環境となっています。

主な納入器具

  • 照明ポール 9m(アイ サンルクスエース180W) - 98基

  • 遮音壁取付用照明器具(アイ サンルクスエース110W) - 36基 ほか

このページの先頭へ