Home > 納入事例 > 公園・街路照明 構内 > 京王電鉄 富士見ヶ丘車両基地

納入事例

公園・街路照明 構内

京王電鉄 富士見ヶ丘車両基地東京都杉並区

京王井の頭線の車両基地構内をLED照明化し、消費電力の削減と省メンテナンスを達成

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 「レディオック シーリングHB(タイプF)」を設置し、広範囲への均一な配光で均斉度の高い良好な照明環境と大幅な省エネを両立している。

  • フラットな発光面で光害を抑制する「レディオック シーリングHB(タイプF)」設置状況。

  • 基地内道路夜景。昼白色タイプの「レディオック ロード エス」で空間を効率良く照らし、夜間の安全性を向上させている。

  • カラフルな車両が並ぶ留置線を「レディオック シーリングHB(タイプF)」で照らし、保守点検作業に必要な照度を確保している。

施設概要

施主
京王電鉄(株)
施工・電気工事
(株)京王設備サービス

竣工

2016年10月

京王電鉄 富士見ヶ丘車両基地は、京王井の頭線の富士見ヶ丘駅と久我山駅間に並行して神田川沿いに位置し、夜間は全車両を留置できるだけの留置線を擁しています。

開設は1966年で、全般検査・重要部検査の一部も実施可能な設備を備えています。京王電鉄では、2016年10月に富士見ヶ丘車両基地のLED照明化を終了しました。既設の水銀ランプ400Wと同等以上の明るさを確保し、また作業員及び車両運転士へのグレアを抑えるために光源が下向きの「レディオック シーリングHB(タイプF)」に更新しました。

さらに高出力かつ広角配光により光の広がりを高め、既設照明より均斉度を向上させることができました。LEDモジュール寿命60000時間と長寿命で、大幅な消費電力削減とともに省メンテナンスにも貢献しています。

このページの先頭へ