Home > 納入事例 > 工場施設照明 > 大宝化学工業(株)

納入事例

工場施設照明

大宝化学工業(株)埼玉県久喜市

さらなる高効率を達成した防爆形LED高天井用照明器具で工場内を明るく照らし、省エネを推進しつつ安全で快適な照明環境を提供

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 中2階上ステージの器具設置が高い箇所には「レディオック 防爆形LED高天井用照明器具」のフロストタイプを設置し、照度確保と眩しさ軽減を両立している。

施設概要

施主
大宝化学工業(株)
施工・電気工事
(株)GNE

竣工

2018年9月

埼玉県川口市に本社を置く大宝化学工業株式会社は、明治42年創業という歴史を持ち、金属用塗料をはじめ、木工用塗料、建築用塗料、機能性塗料など様々な塗料を開発・販売している関東トップクラスの工業用塗料メーカーです。「地球環境保護という問題」にも正面から取り組み、環境にやさしい水系塗料、無溶剤塗料の開発に注力しています。

工場及び研究所は埼玉県久喜市の久喜菖蒲工業団地内にあり、大宝化学工業株式会社では、2018年9月に工場の照明をLED化する工事を実施しました。天井が高い吹き抜けエリアには、照度確保のため、消費電力106.6Wでセラミックメタルハライドランプ360W相当の「レディオック 防爆形LED高天井用照明器具」を使用し、床面で十分な照度がとれるようクリアガラスタイプを選定いただきました。中2階上ステージ付近については、照度確保とともに作業員の方の眩しさ軽減を両立するため、器具の設置位置が高い箇所には上記器具のフロストタイプを、低い箇所には水銀ランプ100W相当グローブタイプの防爆形LED照明器具を使用しています。また、中2階下も眩しさを軽減し、横方向への光の広がりを確保するため、同じ器具を設置しました。

今回の照明改修で防爆照明のLED化を行ったことにより大幅な省エネ、省メンテナンスを実現しつつ、明るく安全・快適な照明環境をつくり出し、作業環境の向上に寄与しています。

主な納入器具

このページの先頭へ