Home > 納入事例 > 工場施設照明 > 東洋炉工業(株)

納入事例

工場施設照明

東洋炉工業(株)大阪府堺市美原区

天井高14mの工場をレディオック ハイベイ アルファで照らし、省エネを推進しつつ、安全・快適な作業環境づくりに貢献

Myリストに追加
  • LED
  •  
  • 設定照度500ℓxで工場内を明るく照らし、作業環境の向上に貢献している。

施設概要

施主
東洋炉工業(株)
設計・施工
(株)丸末
電気工事
(株)大本電気工事

竣工

2018年2月

お客様の声:東洋炉工業(株) 代表取締役 社長/天野 博之様

東洋炉工業株式会社は1967年に創業以来、半世紀以上にわたり、連続炉という工業炉の製造・販売を行っている専業メーカーで、北米や東南アジア各国など海外にも事業を展開しています。メッシュベルト式連続熱処理炉については国内トップクラスのシェアを占めており、主に自動車部品(ねじやベアリング)製造時に使用されています。私たちがつくるのは規格化された工業炉ではなく受注生産型の連続炉で、企画・設計から制作・据付、メンテナンスまでトータルに手がける一貫生産システムを構築し、お客様のご要望に細かく柔軟にお応えしています。本社・工場は大阪府堺市にあり、2018年3月に築40程年経過していた旧工場を取り壊し、新工場を建設しました。南海トラフ地震など今後発生が予測されている万一の災害への対策も考慮の上、安全性及び作業環境向上のために建て替えたもので、新工場は鉄骨造2階建て、建設面積1,100m²、延床面積2,084m²、耐震・耐火構造となっています。

照明設備については、環境保全及び省エネ推進の観点からLED照明とし、LED高天井用照明器具「レディオック ハイベイ アルファ 320W」を採用しました。1階の工場は、クレーンで部品を吊り上げて移動させる作業などをより安全に行う目的で天井の高さを旧工場よりも3m程高くして約14mもあるため、通常の工場照明の設定照度よりも高い500ℓxとし、十分な明るさを確保しました。溶接や電気部品の細かい組立作業がある工場内を均一に照らし、作業環境の向上に寄与しています。工場2階部分は倉庫として使用しており、一部に旧工場で使用していたLED照明器具「レディオック LEDアイランプSP」を設置しました。天井の高さがある工場は開放感があり、外壁を金属断熱材の優れた断熱効果で、夏場も快適な作業環境となっています。

また、夜間には工場東側の社名看板を3台のフルカラーLED投光器「レディオック フラッド フルカラー」で照らし出しています。ライトアップは、連続炉の炎をイメージし、慎重に色味を選定しました。この光は、阪和自動車道など遠景からものぞむことが出来るため、企業PRの役割を、そして夕刻、営業を終えた社員が会社に戻る際に温かく迎える灯りの役割も果たしてくれるのではないかと考えています。

このページの先頭へ