照明器具・照明分野

スポーツ施設照明

光害対策形投光器 アクロスペース

光を漏らさず集めるアクロスペースは
周辺環境と調和し省エネとコスト削減を実現します!

従来形との比較 漏れ光の比較

近年の健康志向によりスポーツを楽しむ人が増え、アフタースポーツの楽しめる夜間施設が整備されています。また文部科学省でも「スポーツ振興基本計画」(平成12年9月)を策定するなど、スポーツ環境の整備充実に取り組んでいます。

一方、環境省では「光害対策ガイドライン」(平成10年3月)を策定し過剰な照明の使用に制限を加えるなど以前から施設周辺の民家や農作物への光漏れによる影響が問題となっていました。

社会的問題と対策

屋外照明による漏れ光の影響が社会的な問題として提起されています。

従来の投光器による照明(イメージ)

従来の投光器による照明(イメージ)

アクロスペースを使用すると・・・

光害対策形投光器アクロスペースによる照明(イメージ)

光害対策投光器アクロスペースによる照明(イメージ)

屋外照明設備による障害光低減ガイド案(CIE.TC-5-12Draft7,Oct.2001)では、「視野内のまぶしい照明器具の制限」において、環境ゾーンE3(郊外)の場合、照明器具個々に絶対光度を最大10,000cd以下に制限しております。これに基づき"アクロスペース"では、最大光度方向(鉛直角70度)より上方15度以上を10,000cd以下に抑えることで漏れ光の低減を図っています。(1000W以下では、環境ゾーンE2(地方)の最大7,500cd以下です。)


漏れ光の比較

従来形丸形投光器:光害対策なし

丸形投光器:光害対策なし

課題

漏れ光による周辺環境への影響

従来形丸形投光器+外付ルーバ:光害対策ルーバ付

丸形投光器+外付ルーバ:光害対策ルーバ付

課題

設置台数増によるコストアップ

光害対策形投光器アクロスペース

光害対策専用投光器アクロスペース

解決

周辺への漏れ光を70%カットしながら、さらに所要灯数の削減により、約45%の省エネを実現します。

(外付ルーバ有との比較)

PAGE TOP

スポーツ施設照明

このページの先頭へ