照明器具・照明分野

防犯照明

Safety 街の安全・安心を助ける防犯照明

犯罪を抑止し、夜道を安心して歩ける
その地域にあった照明の設置をすすめています。

あかりが犯罪抑止のお手伝いをいたします。

犯罪不安の暗がりを無くすことで、地域の防犯力を高めます。

日本って、本当に平和の国?全国の犯罪件数は、220万件以上!

刑法犯の認知件数と検挙人員

犯罪白書の統計によると、犯罪の認知件数は昭和50年代から増え続けていましたが、平成14年度を境に減少しています。しかし、いまだ高い水準を維持しており、犯罪防止に細心の注意を払う必要があるといえます。

法務省「平成23年度版 犯罪白書」より抜粋

犯罪の多くが、夜に潜んでいる!?

ひったくり時間帯別発生状況

夕暮れ時から、ひったくりの発生件数は急激に増え、18時から24時の間には、全体の約52%に達しています。

警察庁「平成22年の犯罪情勢」より抜粋

犯罪抑止のキーワードは、“街の明かり”!

犯罪に不安を感じる場所の多くは、路上や繁華街などの屋外です。また、行政への要望として「街灯や防犯灯を増やす」ことが望まれており、“街を明るくする”ことが犯罪防止のための最善策といえます。

犯罪被害への不安が生じる場所

犯罪の被害にあわないための行政への要望

(財)社会安全研究財団
「犯罪に対する不安感等に関する調査研究 (第4回調査報告書 平成23年3月)」より抜粋

明るさの推奨値

警察庁の「安全・安心まちづくり推進要綱」では、犯罪防止の取組みとして、施設ごとの明るさの推奨値を示しています。
防犯灯は3ルクス以上が目安になります。

照度 箇所と照明要件
2ルクス以上 〈駐車場内〉
10m先の人の顔の向き、目、口、鼻の位置がわかる程度の照度
3ルクス以上 〈人の行動を視認できる程度の照度〉
4m先の人の挙動、姿勢などが認識できる程度の照度
10ルクス以上 〈車路(駐車場)〉
10m先の人の視線の大まかな向きがわかる程度の照度
50ルクス以上 〈人の顔、行動を明確に識別できる程度以上の照度〉
10m先の人の顔、行動が識別でき、誰であるかを明確にわかる程度以上の照度

警察庁「安全・安心まちづくり推進要綱」より抜粋

PAGE TOP

防犯照明へ

このページの先頭へ