光・環境分野

植物育成システム

植物育成システム HORTILUX®

植物工場から施設園芸の世界まで、さまざまな場所で人工照明を上手に活用した植物育成がはじまっています。


植物工場に使用される代表的光源と特性

植物工場に使用される代表的光源の特性を示します。

特性表中、PARエネルギーはランプ光束当たりのPAR放射束を、PPF効率はPPF総放射束をランプ入力で除したもの、換算値は照度当たりの光量子束密度を表しています。

育成放射率、PARエネルギー、PPF効率は、いずれも数値の高い方が植物育成効果の高いことを示しています。

  • ※PAR:光合成有効放射
  • ※PPF:光合成有効光量子束

植物工場に使用される代表的光源と特性

ランプ種類 大きさ(W) 光源 ランプ効率
(ℓm/W)
育成放射効率(%) PARエネルギー
(mW/ℓm)
R/B比 R/FR比 PPF効率 換算値
(μmoℓ/ℓx)
備考
蛍光ランプ 40 白色 77.5 15.1 2.8 0.74 15.71 0.96 0.0127  
40 3波長昼白 89 18.5 3.1 0.71 12.32 1.23 0.0138
40 植物用 33.3 7.6 3.1 1.40 44.39 2.42 0.0727
32 3波長昼白 100 18.5 3.1 0.71 12.32 1.38 0.0138 Hf形
110 白色 81.5 15.1 2.8 0.74 15.71 1.03 0.0127  
110 3波長昼白 83.8 18.5 3.1 0.71 12.32 1.16 0.0138
メタルハライドランプ 400 一般形 100 19.5 2.9 0.56 6.86 1.32 0.0132  
400 5波長形 95 20.9 3.2 0.70 7.75 1.46 0.0146
400 白色 95 23.7 3.5 1.20 3.45 1.55 0.0163 セラミック形
360 白色 105.6 24.4 3.2 1.38 3.96 1.57 0.0149 セラミック形
高圧ナトリウムランプ 360 一般形 138.9 28.7 2.5 4.46 4.59 1.47 0.0126  
660 一般形 152 28.7 2.5 4.46 4.59 1.90 0.0126
940 一般形 157 28.7 2.5 4.46 4.59 1.98 0.0126

PAGE TOP

植物育成システム

植物育成システム

この商品に関するお問い合わせはこちらから

このページの先頭へ