光・環境分野

植物育成システム

植物育成システム HORTILUX®

植物工場から施設園芸の世界まで、さまざまな場所で人工照明を上手に活用した植物育成がはじまっています。


植物工場の種類と照明方式

植物工場の種類は、設備方式により大きく2つに大別されます。

  • 完全閉鎖型植物工場
    • 太陽光を完全に遮蔽した植物工場。
  • 太陽光併用型植物工場
    • 太陽光を利用しながら不足光量を人工光源で補光する植物工場。

さらに、植物の栽培方式により被照明面は大きく3つに分類されます。

  • 平面移動式栽培
    • 成育段階で密植による成育不良を避けるため株間を広げる移動を行う栽培方式。
  • トライアングル式栽培
    • 栽培面積を増加させるため栽培パネルを三角錐形に立体式にした栽培方式。
  • 多段式栽培
    • 5〜10段の棚式で栽培面積を立体式に増加させる栽培方式。

それぞれの栽培方法により基本照明(育成照明)方式も異なります。

平面移動式栽培では高輝度放電灯(HIDランプ)と広照型の反射笠(セード形照射器)で、トライアングル式栽培ではHIDランプによる特殊双照型照明器具で、多段式栽培においては照射距離が短いため蛍光灯(FLランプ)や発光ダイオード(LED)による近接照射が行われています。

植物工場の種類と照明方式

 設備方式栽培方式基本照明(育成照明)方式
植物工場完全閉鎖型平面移動式HID照明
トライアングル式HID照明
多段式蛍光灯、LED照明
太陽光併用型平面移動式HID照明

PAGE TOP

植物育成システム

植物育成システム

この商品に関するお問い合わせはこちらから

このページの先頭へ