Home > 光・環境分野 > 植物育成システム > 植物育成システム HORTILUX > 植物育成用光源(ランプ)の種類

植物育成システム HORTILUX®

ホルティルクスは、岩崎電気がこれまで培ってきた光源・照明器具技術と植物と光に関するソフト技術を組合わせた、植物育成に最適な光環境のご提案です。

植物育成用光源(ランプ)の種類

植物の生産または成育維持を人工的に行おうとする植物工場や施設園芸の補光照明においては、自然光に代わる光エネルギーとして、人工光が必要となります。

高圧ナトリウムランプ(HPSL)

HORTILUX Type R

  • ランプ効率:148ℓm/W
  • 長寿命:24000時間
  • 経済性、育成放射効率等の高さから植物育成に主に用いられる。
  • 赤色成分が多く、伸長作用が強い


分光分布図

セラミックメタルハライドランプ(CMHL)

HORTILUX Type W

  • ランプ効率:120ℓm/W
  • 光束維持率:85%
  • 光質バランスが良く、寿命も15000時間と長くなり、青色光補強のためだけでなく光強度が必要とされるものに多く用いられる


分光分布図

高演色メタルハライドランプ(MHDL)

HORTILUX Type B

  • ランプ効率:80ℓm/W
  • 寿命:9000時間
  • 太陽光(天空光)近時の色波長
  • 演色性:Ra 96
  • 青色成分が多く、植物の形態形成や屈光性に作用


分光分布図

光に関するお悩み、なんでもご相談ください。

光を用いた植物育成、植物工場、害虫防除なら岩崎電気にお任せください。
ご要望を伺い、オーダーメイドいたします。

岩崎電気 光・環境営業部

東日本 03-5847-8907
西日本 06-4790-8943

このページの先頭へ