ライティング講座(照明講座)

照明関連の計算法

照度・輝度測定法 - 照度測定方法(JIS-C-7612)

(1)全般照明の場合の照度測定

照度は特に断らない限り水平面照度を測定します。
照度測定面の高さは、室内に机、作業台などの作業対象面がある場合は、その上面または上面から5cm以内の仮想面とします。特に指定のない場合は、床上80±5cm、和室の場合は畳上40±5cm、廊下、屋外の場合は、床面または地面上15cm以下とします。

図3.1 測定点の決め方

(参考文献 JIS C 7612:照度測定方法(1985)

  • スポーツ施設に関しては、JIS Z 9127 :スポーツ照明基準(2011)を参照ください。
  • 道路・トンネル施設に関しては道路照明施設設置基準・同解説を参照ください。

(2)平均照度の算出法

単位区域ごとの平均照度E

図3.2 4点法による平均照度算出法

(参考文献 JIS C 7612:照度測定方法(1985))

単位区域が多数連続する場合

図3.3 多数の単位区域が連続するときの平均照度の算出法

(参考文献 JIS C 7612:照度測定方法(1985))

このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ