Home > 照明器具・照明分野 > 商品ラインアップ > レディオック ロード

LEDioc ROAD(レディオック ロード)

LEDioc ROAD(レディオック ロード)

灯具に各種可変機構を搭載したLED道路灯

配光、光束、電源ユニット別置/内蔵、調光タイプなど豊富なラインアップから選定いただけます。

「道路・トンネル照明器材仕様書」(平成27年版(一社)建設電気技術協会)適合
「LED道路・トンネル照明導入ガイドライン(案)」(平成27年3月 国土交通省)適合

「道路・トンネル照明器材仕様書」(平成27年版(一社)建設電気技術協会)において、LED道路照明・トンネル照明の技術仕様の形式が設定されました。レディオック ロードは、建電協形式に適合しています。

NETIS登録商品

登録番号:QS-100026-V

特長

設置時・設置後の角度調整が可能

ポールヘッド形・アーム取付形のどちらも灯具の角度を変更できます。設置後の車線拡幅やポール仕様が変更となった場合でも、灯具側でフレキシブルに対応することができます。

ポールヘッド形・アーム取付形で調整できる角度

※クランプ部を一度分離し再度ボルトで締める構造のため、組替えに際しては適正なトルク管理、クランプ部の嵌合等の確認が必須となります。組替えを実施する際の手順や確認事項の詳細は弊社営業所までお問合せください。

角度調整により「周囲への光漏れを軽減したい」「拡幅部分をしっかり照らしたい」といったニーズに柔軟に対応。あらゆる道路を照らします。

複数のアダプタ径に適合

ポール嵌合部のアダプタ径は、標準のø60.5径に加え、ø48.6径の既設ポールにも取付け可能です。

2つの灯具取付方式に対応

ポールヘッド形とアーム取付形のクランプ部は共通部材のため、取付方式に変更が生じたとしても、組替えることが可能です。

  • ※組替える場合、適切なトルク管理で再度ボルトを締めつける必要があります。
  • ※クランプ部を一度分離し再度ボルトで締める構造のため、組替えに際しては適正なトルク管理、クランプ部の嵌合等の確認が必須となります。組替えを実施する際の手順や確認事項の詳細は弊社営業所までお問合せください。

選べる電源ユニット内蔵形/別置形

全ラインアップで、電源ユニット内蔵形と別置形を用意しました。施工性に優れた電源ユニット内蔵形と維持メンテナンス性に優れた電源ユニット別置形を用途・環境に応じて選択していただけます。

電源ユニット内蔵形

  • 灯具‐電源ユニット間の配線が不要。
  • 洪水時に電源ユニット部が浸水するおそれが少ない。

電源ユニット別置形

  • 電源ユニットの点検が地上で行える。
  • 電源ユニットの交換が可能。

選べる配光・光束

連続照明用配光と交差点照明用配光それぞれに4種類の光束で8タイプ、自動車専用道配光に5種類の光束で5タイプ、合計13タイプのラインアップ。

配光と光束の組合せで、13タイプをラインアップ。
ガイドライン全ての設計条件を満たすラインアップを揃えました。

専用ケーブルによる施工性の向上

電源ユニット別置形は、結線にコネクタ付専用ケーブルを採用。電源二次側と灯具間は、コネクタによるワンタッチ接続で、結線の作業性が向上します。また、新設計の灯具本体は、開閉箇所がコンパクトで大きく開放できるため、取付けや配線など施工時の取回しが容易になります。

初期光束補正機能

電源に内蔵したマイコン電流制御により、点灯開始から寿命末期まで一定の光束を保ち、点灯初期の過剰な明るさを抑えることでエネルギー消費量を削減します(標準装備)。

明るさ

初期光束補正機能の有無による明るさの比較グラフ

消費電力

初期光束補正機能の有無による消費電力の比較グラフ

耐雷サージ対策

LED照明器具や電子式電源装置のようなサージ耐電圧の低い半導体を多く使用する製品にとって、誘導雷サージは故障につながる大きな原因となっています。
岩崎電気のLED道路灯は、誘導雷サージによる被害を軽減するような「耐雷サージ」基準を独自に設け、安全性を高めています。

このページの先頭へ