情報ライブラリー

照明技術資料

光源・安定器

各種光源の概要

アイツインアーク

(1)特長

1つの外球に高圧ナトリウムランプと水銀ランプの2つの異なる発光管を収め、スイッチ操作により、2種類の光色を切替え点灯できます。季節や時間のシチュエーションにより、2つの光色を変化させる照明演出が、少ないイニシャルコストで実現できます。器具、安定器は専用タイプです。

(2)構造的特長


図2.116 ランプ構造

ツインアークのランプ構造を図2.116に示します。

2.1 外球

耐熱性の良い硬質ガラスを使用し、外球内はゲッタにより寿命末期まで高真空が保たれます。

2.2 発光管(水銀ランプ)

石英ガラスを使用し、管内には水銀と始動を容易にするアルゴンガスが封入されています。

2.3 発光管(高圧ナトリウムランプ)

透光性アルミナ管を使用しています。

2.4 始動器

一般の安定器で点灯できます。

2.5 ゲッタ

外球内にある不純ガスを吸収し、真空度を高めます。

2.6 口金

ピン形(3本)3接点の特殊な口金で、ソケットも専用となります。

(3)用途

駐車場/交通広場/商店街/工場構内等の屋外照明/白熱電球の代替照明

(4)商品構成

ツインアークの商品構成を表2.38に示します。

表2.38 商品構成

形式 光色 HNH8/5F HNH20/11LF HNH40/22LF
拡散形 HNH-F 水銀ランプ 80W    
高圧ナトリウムランプ 50W    
HNH-LF 水銀ランプ   200W 400W
高圧ナトリウムランプ   110W 220W

(5)演色性、相関色温度

ツインアークの演色性、相関色温度を表2.39に示します。

表2.39 演色性、相関色温度

種別 拡散形
水銀ランプ 高圧ナトリウムランプ
演色性 Ra40 Ra25
相関色温度 4100K 2100K

(6)分光エネルギー分布

ツインアークの分光エネルギー分布を図2.117、図2.118に示します。


図2.117 分光エネルギー分布
(水銀ランプ点灯時)


図2.118 分光エネルギー分布
(高圧ナトリウム点灯時)

(7)始動特性

ツインアークの始動特性を図2.119、図2.120に示します。


図2.119 始動特性
(一般安定器TH40/22C2A)


図2.120 始動特性
(一般安定器TH40/22C2A)

(8)電圧変動特性

ツインアークの電圧変動特性を図2.121、図1.122に示します。


図2.121 電圧変動特性
(一般安定器TH40/22C2A)


図2.122 電圧変動特性
(一般安定器TH40/22C2A)

(9)調光特性

調光はできません。調光すると光色および演色性が大幅に変化し、立消え等による短寿命の原因ともなります。

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ