情報ライブラリー

照明技術資料

光源・安定器

各種光源の概要

アイクウォーツアーク

(1)特長

図2.70 ランプ構造
(ショートアークタイプ2000W)


図2.71 ランプ構造
(ロングアークタイプ2000W)


図2.72 ランプ構造
(ロングアークタイプ1500W・1000W)

1.1 ショートアークタイプ(2000W)

Ra≧92と演色性に優れ、ハイビジョンテレビに対応します。200000ℓm(Bタイプ)の大容量ながらコンパクトな設計。専用器具パワービームにより、シャープな配光制御が可能です。

1.2 ロングアークタイプ(2000W)

両口金形のコンパクトサイズで全光束200000ℓmの大容量。専用の器具は従来の1000W投光器(H567他)とほぼ同寸法で灯数の削減が可能です。

1.3 ロングアークタイプ(1500W・1000W)

一般形投光器に適合し、Ra:92と従来形高効率メタルハライドランプより、さらに演色性がアップし、ハイビジョンTV放映に対応します。色温度は5500Kで色彩を鮮やかに再現します。

(2)構造的特長

クウォーツアークのランプ構造を図2.70〜72に示します。

2.1 ショートアークタイプ(2000W)・ロングアークタイプ(2000W)

  1. 発光管
    石英ガラスを使用し、特殊な真空溶融シール法を採用しています。
  2. 口金
    専用の特殊口金を採用しています。

2.2 ロングアークタイプ(1500W・1000W)

  1. 外球
    耐熱性の良い硬質ガラスを使用し、球内は発光管の熱保護と酸化防止のため窒素ガスを封入し、コンパクト化しています。
  2. 発光管
    石英ガラスを使用し、金属ハロゲン化物の蒸気圧を高め、高演色を実現しています。
  3. 口金
    E39口金を採用しています。

(3)用途

3.1 ショートアークタイプ、ロングアークタイプ(2000W)

演色性が重要視され、投光距離の長い大規模競技場で使用されています。/サッカー専用競技場/ラグビー場/陸上競技場

3.2 ロングアークタイプ(1500W・1000W)

サッカー専用競技場のサイド照明/大規模な屋内運動場/屋内プール、屋内テニスコート

(4)商品構成

クウォーツアークの商品構成を表2.24に示します。

表2.24 商品構成

形式 1000W 1500W 2000W
Bタイプ Aタイプ Bタイプ Aタイプ Bタイプ
ショートアークタイプ 透明形 MSD-(B)ED-I      
ロングアークタイプ MLD-BED-I        
ロングアークタイプ MT-A(B)-D/BH    

(5)演色性、相関色温度

クウォーツアークの演色性、相関色温度を表2.25に示します。

表2.25 演色性、相関色温度

種別 ショートアーク タイプ2000W ロングアーク タイプ2000W ロングアーク タイプ1500W ロングアーク タイプ1000W
Aタイプ Bタイプ Bタイプ Aタイプ Bタイプ Bタイプ
演色性 Ra92 Ra93 Ra85 Ra92 Ra92 Ra92
相関
色温度
5500K 5500K 5500K 5500K 5500K 5500K

(6)分光エネルギー分布

クウォーツアークの分光エネルギー分布を図2.73に示します。


図2.73 分光エネルギー分布

(7)始動特性

クウォーツアークの始動特性を図2.74に示します。


図2.74 始動特性

(8)電圧変動特性

クウォーツアークの電圧変動特性を図2.75に示します。


図2.75 電圧変動特性

(9)調光特性

調光はできません。調光すると光色および演色性が大幅に変化し、立消え等による短寿命の原因ともなります。

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ