情報ライブラリー

照明技術資料

光源・安定器

各種光源の概要

ハイラックス

(1)特長

2500、3000、3500、4500、6500Kの5つの色温度が選べる高演色形コンパクトHIDランプです。Raが96(MT)というHID光源では高い水準を誇り、物の自然な色合いを引出します。白熱電球、ハロゲン電球と比べて、約3〜4倍の高効率、約4〜6倍の長寿命で経済的です。また、UVカットコーティングにより、紫外放射を大幅にカット、商品の変退色を抑えます。

1.2500K夕日のような色温度。白熱電球に近い光色です。
2.3000K有明のような色温度。
3.3500K朝日のような色温度。明るい暖色系の光色です。
4.4500K太陽のような色温度。自然な感じの光色です。
5.6500K青空のような色温度。さわやかで透明感あふれる光色です。

(2)構造的特長

ハイラックスのランプ構造を図2.29に示します。


図2.29 ランプ構造

2.1 外球

耐熱性の良い硬質ガラスを使用し、形状はT型でコンパクト。外球内は真空(NHT,MT70)または窒素ガス(MT100,150)を封入しています。UVカットコーティングにより、被照射物への紫外放射の影響を抑えます。

2.2 発光管

  1. 2500K(NHT):透光性アルミナ管を使用し、ナトリウム、水銀、キセノンガスを封入。保温キャップ等により蒸気圧を高め、高演色を実現しました。
  2. 3000K、3500K、4500K、6500K(MT):石英ガラスを使用し、金属ハロゲン化物とアルゴンガスを封入。保温膜により蒸気圧を高め、高演色を実現しました。

2.3 保護スリーブ

発光管破裂時に保護スリーブによって外球破裂を防止します。

2.4 ゲッター

外球内にある不純ガスを吸収し、真空度を高めます。

2.5 口金

E26、G12、E39口金を採用しています。

(3)用途

1.2500Kロビー/レストラン/カフェ/ショーウィンドー/ブティックの照明
2.3000K果物/絵画/美術館/革製品/婦人雑貨/ブティックの照明
3.3500K果物/絵画/美術館/革製品/婦人雑貨/ブティックの照明
4.4500K野菜/オフィス/宝飾品/コンコース/カジュアルショップ/アスレチックジムの照明
5.6500Kスポーツ施設/スポーツ用品/オフィス/エントランス/コンコースの照明

(4)商品構成

ハイラックスの商品構成を表2.14に示します。

表2.14 商品構成

相関 色温度 形式 50W 70W 100W 150W
2500K 透明形 拡散形 NHT-FSDX
透明形 NHT-SDX
3000K 拡散形 MT-FSLW      
MT-SLW        
3500K 拡散形 MT-FSDW  
MT-SDW    
4500K 拡散形 MT-FSW  
MT-SW    
6500K 拡散形 MT-FD  
MT-D    

(5)演色性、相関色温度

ハイラックスの演色性、相関色温度を表2.15に示します。

表2.15 演色性、相関色温度

種別 演色性 相関色温度
ハイラックス2500 Ra85 2500K
ハイラックス3000 Ra96 3000K
ハイラックス3500 Ra96 3500K
ハイラックス4500 Ra96 4500K
ハイラックス6500 Ra96 6500K

(6)分光エネルギー分布

ハイラックスの分光エネルギー分布を図2.30〜図2.34に示します。


図2.30 分光エネルギー分布(2500K)


図2.31 分光エネルギー分布(3000K)


図2.32 分光エネルギー分布(3500K)


図2.33 分光エネルギー分布(4500K)


図2.34 分光エネルギー分布(6500K)

 

(7)始動特性

ハイラックスの始動特性を図2.35〜図2.38に示します。


図2.35 始動特性(2500K)


図2.36 始動特性(2500K)


図2.37 始動特性(3000K,3500K,4500K,6500K)


図2.38 始動特性(3000K,3500K,4500K,6500K)

(8)電圧変動特性

ハイラックスの電圧変動特性を図2.39〜図2.44に示します。


図2.39 電圧変動特性(2500K)


図2.40 電圧変動特性(3000K,3500K,4500K,6500K)


図2.41 電圧変動特性(2500K)


図2.42 電圧変動特性(3000K,3500K,4500K,6500K)


図2.43 電圧変動特性(2500K)


図2.44 電圧変動特性(3000K,3500K,4500K,6500K)

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ