情報ライブラリー

照明技術資料

光源・安定器

各種光源の概要

セラルクス(35W,70W,150W,250W,400W)

(1)特長

1)セラルクス35W ・70W・150W

高いランプ効率を誇り、高水準の演色性で色彩が鮮やかです。平均演色評価数Raが、150Wは95(4200K、3500K、3000K)、70W、35Wは90と、どちらも高水準で快適な光環境を創り出します。両タイプとも寿命は一般白熱電球の約6倍、約9000時間と長寿命です。また、目的や用途にあわせて、ハロゲン電球に近似したウォーム温白色光の3200Kと特に赤色が映える温白色光の3500Kと爽やかな白色光の4300Kの3つのバリエーションが選べます。

2)セラルクス250W・400W

白色系HIDランプでは光束維持率85%を達成。メタルハライドランプ(光束維持率50%)や水銀ランプ(光束維持率80%)に比べ、寿命時の明るさの低下が少なく、設計時の無駄な灯数を削減します。Ra80以上の高演色HIDランプではランプ効率95ℓm/Wを実現し、自然な色の見え方を犠牲にせず、省エネ照明を可能にします。80ℓm/W以上の高効率HIDランプでは演色性(平均演色評価数:90)を実現し、自然光に近いイキイキとした空間を創り出します。また、12000時間の長寿命で、メンテナンスの手間を軽減します。

(2)構造的特長

セラルクスのランプ構造を図2.23に示します。


図2.23 ランプ構造

1)発光管

従来の石英ガラスに代えてセラミックを採用することにより、耐熱性が高く、高演色であっても高効率を実現しました。寿命中の光色のシフトを少なく抑えることができ、また、ランプ個々の光色のバラツキが少なくなります。

(3)商品構成

セラルクスの商品構成を表2.11に示します。

表2.11 商品構成

相関
色温度
形式 35W 70W 150W 250W 400W
3200K MT-(F)CEH-DW/S
WW/S
W/S
       
3500K        
4300K        
3200K MT-(F)CE-LW/S
W/S
       
4200K        
3000K MT-(F)CE-LW/S-2
WW/S-2
W/S-2
       
3500K        
4200K        
3600K MT-CE-NR/S        
2800K MT-(F)CE-L/S
LW/S-2
WW/S-2
W/S-2
N/S-2
       
3200K        
3500K        
4300K        
5500K        
3600K MT-(F)CE-NR/S-T30        
3000K MT-(F)CE-LW/S-G-2
WW/S-G-2
W/S-G-2
       
3500K        
4200K        
3200K MT-(F)CE-LW/S-G-2
WW/S-G-2
W/S-G-2
       
3500K        
4200K        
4100K MT-(F)CE-W/BUD/BH      
MT-CE-W/BUD-T48        

(4)演色性、相関色温度

セラルクスT、TCの演色性、相関色温度を表2.12、表2.13に示します。

表2.12 演色性、相関色温度(70W、35W)

種別 セラルクス35W   セラルクス70W
演色性 Ra83 Ra90 Ra90 Ra92
相関色温度 3000K 4200K 3000K 3500K 4200K 3600K

表2.13 演色性、相関色温度(400W、250W、150W)

種別 セラルクス150W セラルクス250W/400W
演色性 Ra90 Ra92 Ra95 Ra90
相関色温度 3200K 3500K 4300K 3600K 2800K 3500K 4300K 5500K 4100K

(5)分光エネルギー分布

セラルクスの分光エネルギー分布を図2.24〜図2.28に示します。


図2.24 分光エネルギー分布(2800K)


図2.25 分光エネルギー分布(3000K)


図2.26 分光エネルギー分布(3500K)


図2.27 分光エネルギー分布(4200K)


図2.28 分光エネルギー分布(3600K)

 

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ