情報ライブラリー

照明技術資料

照明の基礎知識

明るさと物の見え方

明るさと視力

関連資料
  • あたらしい明視論、照明学会、1966年

視力は、視角(θ:分)の逆数(1/θ)で定義され、背景輝度(目が順応していると考えられる輝度)が高いほど向上します(図3.1)。目は、数(ℓx)から約1万(ℓx)までは、明るさが等比級数的に増加すれば、それに比例して細かなものまで見分けられるようになります。


図3.1 明るさと視力

(参考文献 あたらしい明視論、照明学会、1966年、46頁。)

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ