情報ライブラリー

照明技術資料

照明の基礎知識

グレア評価

街路照明器具の輝度規制

関連資料
  • 歩行者のための屋外公共照明基準、JIEC-006、1994年

街路照明器具が歩行者などに与えるグレアは、その発光部分の見かけの大きさ(立体角)と輝度との関係で取り扱うことができます(図4.5)。図4.6は、各種基準や研究結果との関係をまとめたものです。

照明学会では、これを簡略化し、鉛直角85度方向の光度を、取付高さに応じて以下の表に示す値以下と規定しています。

表4.6 照明器具のグレア規制(取付け高さ10m未満のもの)

鉛直角85度以上の輝度 20,000cd/m²以下(注)
照明器具の高さ 4.5m以下 4.5〜6.0m 6.0m以上
鉛直角85度方向の光度 2,500cd 5,000cd 12,000cd
  • ※注:鉛直角85度方向の光度から推定してもよい。

(参考文献 歩行者のための屋外公共照明基準、JIEC-006、1994年。)


図4.5 街路照明器具の輝度規制


図4.6 発光面輝度・発光部の立体角とグレアの程度

(参考文献 歩行者のための屋外公共照明基準、JIEC-006、1994年。)

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ