情報ライブラリー

照明技術資料

照明の基礎知識

光色と演色性

演色区分

関連資料
  • Colorimetry, CIE15.3, 1986

物体色の再現性は演色性(光源の種類によって物体の色の見え方が変わって見える)で評価されます。演色性はRa(平均演色評価数)で数値的に表わされ、自然光で見た色を基準に最高100から色ズレが大きいほど数値は小さくなります。演色評価数と使用場所、それに対応する推奨ランプは表2.4に示します。

表2.4 光源の演色グループ

演色性グループ 平均演色評価数の範囲 使用場所 推奨ランプ
好ましい 許容できる
1A Ra≧90 色比較検査臨床検査美術館 -
  • セラルクスTCP
  • セラルクスT ※1部除く
  • セラルクスTC ※1部除く
  • セラルクス ※1部除く
  • ハイラックス
  • クウォーツアーク
1B 90>Ra≧80 住宅ホテルレストラン店舗オフィス学校病院 -
  • セラルクスT 35W 電球色, 150W ウォーム温白色
  • セラルクスTC 35W 電球色, 70W ウォーム温白色
  • セラルクス 35W ウォーム温白色
  • FECセラルクスエースPRO 230W, 360W
  • FECセラルクスエース
  • ハイラックス2500
  • アイ スペシャルクス
2 80>Ra≧60 一般的作業の工場 オフィス、学校
  • FECセラルクスエースPRO 150W, 190W, 270W
  • FECセラルクスエースEX
  • FECマルチハイエースH
3 60>Ra≧40 粗い作業の工場、トンネル、道路 一般的作業の工場
  • アイ 水銀ランプ
4 40>Ra≧20 トンネル、道路 演色性がそれ程重要でない作業の工場
  • FECサンルクスエース

(参考文献 Colorimetry, CIE15.3, 1986.)

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ