情報ライブラリー

照明技術資料

照明関連の計算法

配光特性の見方・使い方

配光曲線

光源や器具の空間の各方向への光度分布を配光といい、表示の方法は、その目的に応じて、直角座標・極座標・正弦等光度曲線等を使って表します。

(1)直角座標

これは投光器などの配光特性を表す時に用いられます(図4.2)。


図4.2

(2)極座標

セードやダウンライト、街路灯などは、図4.3のような極座標で表します。
蛍光灯は、基準軸に対称ではないので図4.4のように3または5つの鉛直面配光を配光曲線として表します


図4.3


図4.4

(3)正弦等光度曲線

道路灯やトンネル器具など一面対称配光を有する器具は、正弦等光度曲線として表します。
各光度は、水平角(φ)、鉛直角(θ)で表され、下半球の半分で代表しています。


図4.5 正弦等光度図の表し方


図4.6 θ・φの関係

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ