情報ライブラリー

照明技術資料

照明関連の計算法

光束法による照度計算

間接照明の計算

  1. 上方光束比 x
    下方光束比 y
    器具効率  η

手順

  • 器具効率 ηと上方光束比 x、下方光束比 yを求めます。

  1. 実効反射率 ρceff

  • 器具面の実効反射率 ρceffを実効反射率の項に示した表2.1または簡易式より求めます。

  1. 上方光束による照明率 UU

  • 上方光束分による固有照明率 UOU固有照明率の項に示した表2.3から求めます。

    UU = x・η・UOU

  1. 下方光束による照明率 UD

  • 配光(下方光束成分のみ)をBZ分類し、天井面反射率 ρceffとした場合の固有照明率 UOD固有照明率の項に示した表2.2より求めます。

    UD = y・η・UOD

  1. 照明率 U

  • 使用器具の照明率 Uは

    U = UU + UD

  1. 光束法による照明計算

  • 光束法を使い、照度計算や灯数計算を行います。

設計例

「下図のような室(20m×30m×8m)にセードを使い、設計照度500ℓx を得るためにはSAW413(M360FCELSH-W/BUD)は何台必要になるか求めよ。
ただし、セードは天井面より2m下がった面に均等配置し、各面の反射率は天井80%、壁50%、床10%、保守率は0.69とする」

※計算例の為、実際の設置方法とは異なる場合があります。

反射率

天井80%
50%
10%

  1. SAW413(M360FCELSH-W/BUD)の上方光束比 x、下方光束比 y、器具効率 ηを求めます。
    上方光束77.8%、下方光束1.6%、器具効率79.4%よって、η=79.4%、x=77.8/79.4=0.98、y=1.6/79.4=0.02 と導き出せます。
  2. 天井空間の室指数KcはKc=20×30/2(20+30)=6となりますから、器具面の実効反射率ρceffは表2.1より68%となります。
  3. 上方光束による固有照明率を固有照明率の項に示した表2.3より求めます。
    室空間の室指数Kr=20×30/6(20+30)=2となり、天井面の反射率68%に対応する固有照明率UOUを補間で求めます。
    天井 固有照明率
    70% 50% 10% 0.55
    50% 50% 10% 0.38
  4. 次に下方光束成分による固有照明率 UOD固有照明率の項に示した表2.2より求めます。ただし配光分類はBZ5に相当するものとし、同様に補間を使って計算するとUOD=0.8
    よって、UD = y・η・UOD = 0.02×0.794×0.8 = 0.01
  5. 照明率 Uは0.42(=UU+UD)となります。
  6. 光束法によって灯数を計算すると28灯になります。
    N = (E・A)/(F・U・M) = (500×20×30)/(37800×0.42×0.69) ≒ 28

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ