Home > 会社情報 > 採用情報 > 新卒採用 > 先輩社員の声 > 人知れず安全を守っているというプライド

先輩社員の声

M. O.

所属(取材時)
技術設計
勤務地
大阪
入社年
2015年
専攻
電気電子工学科

人知れず安全を守っているというプライド

岩崎電気に興味を持ったきっかけは?
技術職でも、お客様に近いポジションだから

大学では電気専攻で工場ラインなどを研究していました。ですから就職は、その知識を生かせる業界を広く調べました。そんな中、大学教授の紹介で岩崎電気を知ったのです。面接で、岩崎電気の営業技術部は技術職だけれども営業のポジションに近いと聞いて、他社にないお客様に近いという面で興味を持ちました。

現在の職務内容は?
トンネル照明の設計、さらに営業サポートも

主に高速道路のトンネル照明の設計・開発をしています。営業経由でトンネルの仕様書が届きますので、それを元にLEDの種類・個数、それを設置するきょう体、その設置間隔などをCADで設計しています。前段での話、「お客様に近い」という1例で、営業には難しい技術面の情報を提供して、お客様が完成をイメージしやすいような助言をすることもあります。

仕事の魅力・やりがいは?
ドライバーの安全を担っているという自負

高速道路のトンネル照明はとてもデリケートな作りになっています。例えば日中、明るい外からトンネルに入る時にはドライバーの目は急な暗さに順応できないので、入口付近の照明は明るく、目が慣れたら基本の明るさに落ち着き、出口付近では外に合わせてまた明るくしています。さらに、夜になると逆の状況になるので、照明を「時間調光」するシステムになっているのです。この仕組みのことは、ドライバーはほとんど気付かないと思うのですが、見えないところで安全を担っているという自負があります。

入社後成長したなと思うこと?
照明以外の広い知識も必要だとわかったこと

入社前は、照明の知識だけで良いのかと思っていましたが、実務にあたり照明以外のさまざまな知識が必要なことがわかりました。例えば配線や煙害について、そして絶対に必要なのが土木についてです。道路際が斜めだったり地盤が軟弱だったりすると、照明を取り付けるポールにも影響してくるので土木の知識も吸収して成長中です。

今後どんな仕事をしたいですか?
「未来の照明」を自分の手で作り出したい

元々、照明研究分野に興味がありましたので、新技術開発部にはいつか行ってみたいですね。そこで「まだ誰も見たことのない照明」を自分の手で研究・開発してみたいです。それには今の部署で、もっともっとスキルアップする必要があると自覚をしています。

就活生へのメッセージ?
自分の得意分野だけでなく、視野を広く持て

得てして理系出身だと自分の研究分野だけに注目して、狭い分野だけで就職を考えがちですが、広い視野を持って就職活動に臨んだ方が良いと思います。広く業界研究などをしていく内に、意外と関係性のある分野に出会えたりするものです。

プライベートの過ごし方は?
フットサルやジョギングで体を動かしています

フットサルをやっています。大阪に来てまだ長くはないのですが、たまたまこちらに大学の友達がいて、休日などに一緒に汗を流しています。他には、元々陸上をやっていたこともあり、ジョギングをしていますね。ウィークデーでも会社終わりに走ったりもするんですよ。

Offshot

フットサルにジョギング。いつも体を動かしています。

とある1日

  • 8:00

    出社
    メールチェック、業務内容確認
  • 9:00

    打合せ
    1週間の予定報告
  • 10:00

    設計業務(打合せ)
    設計の流れを確認、不明点及び方針を営業員と打合せ
  • 11:00

    設計に必要な資料集め
    CADを使って、設計のための基本図面作成
  • 12:00

    昼食
    課内で注文しているお弁当
  • 13:00

    設計業務(設計)
    CADによる照明設計業務
  • 14:00

    設計基準等の条件を満たしているか確認
    より良い提案資料になるよう検討
  • 16:00

    設計後確認
    課内による提出資料チェック、アドバイス等あれば修正
  • 17:00

    設計資料提出
    設計した図面及び周辺資料を担当者に提出
  • 18:00

    終業
    翌日業務の確認、メールチェックを行って退社

このページの先頭へ

このページの先頭へ