Home > 会社情報 > 採用情報 > 新卒採用 > 先輩社員の声 > 自分の光で、縁の下から社会を照らしたい

先輩社員の声

H. M.

所属(取材時)
光・環境営業
勤務地
東京
入社年
2015年
専攻
行動科学学科

自分の光で、縁の下から社会を照らしたい

岩崎電気に興味を持つようになったきっかけは?
オリンピック施設に自社製品を納入したい

就職活動をしている時期が、ちょうど2020年東京オリンピック開催が決まって盛り上がる最中でした。基本的にメーカー営業志望でしたが、その中でオリンピック関連の施設に自社製品を納入できたらいいなと漠然と思いました。そこから、スポーツ施設などに納入実績がある岩崎電気に興味を持ったのです。

現在の職務内容は?
自動車用環境試験装置の営業活動

私の所属する営業課は、環境試験装置を扱っています。私の担当する環境試験装置はどちらも自動車用なのですが、ひとつは擬似太陽光を当てることで塗装やボディがどのように影響を受けるかを調べる日射装置と、もうひとつはエアバッグやボディ耐性を調べるための衝突テスト用高速度撮影の光システムです。自動車メーカーやサプライヤーの試験担当者がお客様で、新しい試験設備を導入するなどの情報をいち早く入手し、競合他社もいる中でその仕様に見合うシステムをご提案し受注しています。

仕事の魅力・やりがいは?
多くのドライバーに貢献している自負

私の仕事は、街中で目にする製品(例えば街路灯など)と違って、情報の機密性が高く人の目には触れない製品に関わる職務です。しかし、お客様の要望に合致した製品を納入して、完成式に立ち会う時には、これから多くのドライバーの安全に貢献できる喜びがじわじわと込み上げます。

仕事上で苦労していることは?
製品の建屋への設置調整に苦労

試験施設を収納してある建物を「建屋」と言いますが、この「建屋」を作る業者の方とのやり取りには苦労することもあります。建屋天井の照明取付け配線の方法とか、天井に負担がかからないようにシステム自体をもっと軽くするとか、事前にわかっていればまだ良いのですが、その場で調整・セッティングしなくてはいけないこともたまにあって、みんなで知恵をしぼることもあります。

どんな後輩が来たら嬉しいですか?
自分の意見をしっかり言える後輩

上司の発言を素直に聞くだけではなく、自分で考えた意見をしっかり言える後輩がいいですね。意見を言うということは、その時点の力量の答え合わせをしているので、それを繰り返していれば、頼もしい社員にきっとなれると思うからです。

将来の夢や目標は何ですか?
売り上げ目標の達成と、業界に名を轟かすこと

私は営業ですので、やはり売り上げ目標を達成し続けるのが目標です。さらに、とても特殊な製品を扱っている狭い世界ではありますが、「自動車用環境試験といえば私」と自動車業界で認められることが夢でしょうか。

プライベートの過ごし方は?
気分転換の、日本酒とランニング

お酒、特に日本酒を飲むことが好きなので、休日には友人と横丁などに飲みに行くことが多いですね。とりとめもなく友人とくだらないことを話していると良い気分転換になります。それと1人でもできる、お金もかからないということで最近ランニングを始めました。徐々に距離を長くしていて、今では5kmくらいは走れるようになりました。大会にも出てみたいです。

とある1日

  • 8:00

    事務所に出社
    メールやファックスの内容を確認する
  • 9:00

    課内ミーティング
    前日の打合せ内容等を報告する。
  • 10:00

    事務所出発
    都内なので電車での移動が多い。時には新幹線の長距離出張も。
  • 11:00

    客先と打合せ
    お客様から要求仕様をお聞きし、提案内容を考える。
  • 12:00

    昼食
    お食事処はチェーン店からその土地ならではのものまで様々。
  • 13:00

    移動
    電車or自動車etcにて
  • 14:00

    客先と打合せ
    御見積を提出。お客様と仕様を詰める。
  • 15:00

    移動
    電車or自動車etcにて
  • 16:00

    帰社
    本日の打合せ内容をまとめ、今後のやることを順序づけをする。
  • 17:00

    事務処理
    メールの返信や見積書の作成等を行う。
  • 18:00

    明日の準備を行い、退社
     

このページの先頭へ

このページの先頭へ