光害への対応

「光害(ひかりがい)」とは、
「良好な照明環境の形成が、漏れ光によって阻害されている状況又はそれによる悪影響」。

(1998年、環境庁ガイドラインより)

屋外照明の無駄な光(漏れ光)により

  • 天体観測への影響
  • 野生動物への影響
  • 農作物・家畜への影響
  • 交通機関への影響
  • 歩行者・移住者への影響

など様々な問題が懸念されています。

また、過剰な光を抑え、照明目的の効果的な光のみを照射することにより、消費電力・CO₂の削減に繋がります。

こうした状況を踏まえ岩崎電気では、スポーツ施設向け「光害対策形投光器」や、反射鏡により上方向の光を効率良く下方向に導く街路灯など、光害の影響を抑える様々な照明器具の開発をすすめてきました。

光害対策形投光器 アクロスペース
光害対策形投光器 アクロスペース
LED街路灯 LEDioc AREAシリーズ
LED街路灯 LEDioc AREAシリーズ

上方光束比アイコン

またカタログに「上方光束比」をアイコンでわかりやすく表示し、お客様の選定のお手伝いをしています。

上方光束比アイコン

器具から出る光束のうち水平より上方へ向かう光束。数値はその比率(単位:%)

このページの先頭へ