情報ライブラリー

Webセミナー

紫外線殺菌

8.紫外線殺菌装置の導入に向けて

(1)医療品関係

紫外線殺菌装置は医薬品の製造分野にも使われています。例えば輸液バッグや医薬を入れる容器、製造設備(クリーンルーム)に入れる前の外装材の殺菌などに使われています。下記に医薬品の製造設備に紫外線殺菌装置を導入するために必要なバリデーションの流れを示します。紫外線は殺菌ですが使い方によっては、滅菌が要求される医薬でも十分使えます。


紫外線殺菌のバリデーションの流れ

紫外線殺菌のバリデーションの流れ


(2)食品関係

HACCPを導入する際にも、各種の対応した紫外線殺菌装置があります。紫外線装置は殺菌ランプを使っていますので、何らかの原因で破損した場合には、食品等に混入することが考えられますのでガラスがむき出しにならないように工夫した殺菌装置があります。(表面殺菌装置、水殺菌用、空気用殺菌装置)

HACCP (HA:危害分析、CCP:重要管理点)

食品衛生管理手法であり、従来の最終製品の検査に重点をおいた衛生管理の方法と異なり原材料から製造・加工の工程を経て最終製品の保管、流通に至るすべての工程において発生するおそれのある危害を予測し、これらの危害を制御することにより製品の安全確保を図るという危害発生の予防に力点を置いた衛生管理手法のことをいいます。

PAGE TOP

紫外線殺菌

紫外線殺菌

このページの先頭へ