情報ライブラリー

Webセミナー

紫外線殺菌

5.流水殺菌装置

流体としては水が対象となることが多いため、本装置を流水殺菌装置と呼ぶことが一般的です。流水殺菌装置は古くから利用されてきましたが、その殺菌ランプが小型(4W〜15W)であったために、工業的規模での利用にはいたりませんでした。

しかしながら、その後ランプも数10W〜100Wを超えるものが開発され、また、複数本を一槽に組み込んだ、多灯用の流水殺菌装置も合わせて開発されたことによって、今日では、工業的な利用にも広く活用されています。

流水殺菌装置は紫外線の照射方法から、外照式と内照式の二つに大別されます。
装置としては、殺菌効果の良さと、使いやすさの点から、内照式が広く利用されています。
したがって、ここでは、内照式の流水殺菌装置をご紹介します。図は流水殺菌装置の一例を示したものです。

本装置は、殺菌ランプと殺菌槽および、電源から構成されています。殺菌槽の内部は、殺菌ランプの保持と保護の役目をする高純度石英ガラス製のジャケットと紫外線照度の高いランプ近傍に処理液を届かせ殺菌効果を高める攪拌板が設けられています。

上に述べましたように、1灯用から多灯用まで殺菌能力に合わせて機種がラインナップされておりますが、適合機種の選定には次のことを明確にする必要があります。

流水殺菌装置の構造

流水殺菌装置の構造

機種選定のポイント
1.処理量

表-3に「処理量」とありますが、これはランプ寿命末期において対象菌を枯草菌(芽胞)とした時に99.9%殺菌できる処理量を示しています。

2.対象菌

表-2に示すように各微生物によって紫外線感受性が異なります。表-3に記載されている処理量は、日本薬局方にて微生物限度試験や無菌試験等の指標菌株として記載されている枯草菌(芽胞)を用いた時の処理能力となります。そのため、他の微生物を対象菌とした場合には各装置において処理能力が異なります。

3.対象水の紫外線透過率(波長;253.7nm)

対象水の紫外線透過率によって、対象水に照射される紫外線照射量がかわります。そのため、対象水の紫外線透過率によって各装置の処理能力(処理量)が異なります。

4.対象水の温度

通常の紫外線ランプは、使用温度環境に応じて紫外線出力が変動します。なお、弊社の流水殺菌装置に使用されている紫外線ランプは、使用温度環境に影響を受けにくいアマルガムランプを採用しております。

5.対象水中の浮遊物質(SS)

対象水中に浮遊物質(SS)が混在していると、浮遊物質(SS)が紫外線を遮ってしまうため、殺菌効果が低下します。そのため、浮遊物質(SS)を多く含む対象水には、流水殺菌装置の前段にフィルターを設けて浮遊物質(SS)を除去する必要があります。

6.破損対策

石英ジャケットならびに紫外線ランプの破損対策として、石英ジャケットにフッ素樹脂被覆を施すことができます。万が一破損してもガラス片、水銀が流出する心配がありません。なお、フッ素樹脂被覆はオプション対応となります。


表-3 流水殺菌装置の商品ラインアップ標準仕様(8W、30W、60W、110W)
処理量(m³/h)※1型式灯数電圧
(V)
消費電力
(W)
周波数
(Hz)
本体寸法(mm)
幅W×高さH×奥行D
運転重量
(kg)
出入口径給水口タイプ
水道水レベル純水レベル
0.20.2GLV801HN4105(6)8W 1灯1002050(60)131×338×612PT 1メネジ-
1.21.2GMV3001N4105(6)30W 1灯10050300×706×21013PT 1メネジA
7.07.3GMV6001VF41(2)0X860W 1灯100/20011850、60共用400×849×3703032AA
9.010.1GMV6001VF41(2)0X12.560W 1灯100/200118400×849×3704340AA
13.018.0GMV11001VF41(2)0X10110W 1灯100/200180400×1307×3704440AB
18.024.0GMV11001VF41(2)0X12.5110W 1灯100/200180400×1307×4005550AB
22.030.0GMV11001VF41(2)0X15110W 1灯100/200180400×1307×4307265AB
35.040.0GMV11002VF41(2)0X15110W 2灯100/200342500×1307×4508680AA
56.070.0GMV11002VF41(2)0X20110W 2灯100/200342500×1305×500110100AA
90.0110.0GMV11003VF41(2)0X20110W 3灯100/200592600×1305×500163125AA
105.0135.0GMV11004VF41(2)0X20110W 4灯100/200753700×1305×500177150AA
  • ※1:処理量は枯草菌(芽胞)を99.9%殺菌する能力を示し、ランプは寿命末期で算出しています。

  • ※:商品特性の向上等により仕様を変更することがあります。ご了承ください。
  • ※:8Wならびに30W×1灯用装置(銅鉄形安定器)以外は、電子安定器を使用しています。
  • ※:上記以外の処理量においては、別途ご相談ください。

Aタイプ

Bタイプ


UV維持率特性(QGL110-2A)

UV維持率特性(QGL110-2A)


UV出力(253.7nm)の水温変動特性

UV出力(253.7nm)の水温変動特性

  • ※QGL110-21A/SEにおける水温15℃での紫外線照度を100%とした場合の相対比

PAGE TOP

紫外線殺菌

紫外線殺菌

このページの先頭へ