情報ライブラリー

Webセミナー

電子線滅菌

13.EB滅菌の酸素効果

酸素は放射線滅菌に増感効果を及ぼすことが知られています。つまり、照射中の雰囲気酸素濃度が高いほど滅菌効果が高いということです。照射前や照射後に酸素を与えても滅菌効果が変わらないことから、酸素効果は照射によって生じたラジカルが関与した複雑な反応の結果であると考えられています。

当社の電子線照射装置を用いて、実際に菌に対する酸素効果を測定した結果を図8に示しました。酸素効果があらわれていることがわかります。しかし、これはわずかなもので、滅菌必要線量に大きな差はありません。

EB滅菌は酸素効果を考慮して、ふつう大気雰囲気で照射処理を行いますが、大気中の酸素がEBによって活性化し、オゾンを発生させてしまいます。そこで、当社ではオゾン分解装置を設置し分解して排出する、プロセスゾーンを窒素置換する、などして対処しています。


図8 EB滅菌の酸素効果

PAGE TOP

電子線滅菌

電子線滅菌

このページの先頭へ