ランプ・光源情報

[HIDランプ]メタルハライドランプ

UVカット形メタルハライドランプ

紫外線による商品の変退色を抑制

照射物の損傷に影響を与える波長域をカットしているため、一般のメタルハライドランプと比較し、変退色など照射物への影響を低減しています。

なぜ変退色を低減できるの?

照射物を光放射から保護するには、「光化学反応」「温度上昇」および「湿度の変化」を考慮しなければなりません。これらは主に可視光、紫外線、赤外線の「放射量」とそれにさらされている時間により変化します。

この中で光化学反応による損傷は、紫外線および可視光が展示物に吸収されることにより生じます。図は損傷の波長特性を示した一例で、300〜380nmの紫外線が損傷原因の約95%となっています。

UVカット形メタルハライドランプは380nm以下の波長の約90%をカットしているため、この光化学反応による損傷を低減させることができます。

照射物への変退色の影響の度合いを知る方法は?

照射物への影響を知る方法として損傷係数(米国商務省標準局:N.B.S., 現National Institute of Standard Technology)があります。損傷係数は、色紙の変退色の程度を数値化したもので、一般に、この値が小さい光源ほど照射物への影響が少なくなります。

各光源において変退色が生じるまでの時間はわかりますか?

変退色が生じるまでの時間は、照射物の種類、照度、光源の損傷係数により下式により求められます。

照明時間=最小のM.P.F/照度×白色蛍光ランプの損傷係数/求める光源の損傷係数

  • ※M.P.F:最小可知退色(Minimum Perceptible Fading)。
    かろうじて変退色を生じていることを識別しうる程度の変退色。値はℓx時で示す。
サンプル M.P.F(白色蛍光ランプ)
85%毛・15%ナイロン 96万ℓx時
綿 100〜1000万ℓx時
100〜300万ℓx時
レイヨン 100〜1000万ℓx時
90%ナイロン・10%絹 400〜900万ℓx時

例1

一般形メタルハライドランプで照明した場合、
変退色が認められるまでの時間
(照度1000ℓx、85%毛・15%ナイロンの場合)
照明時間=96万ℓx時/1000ℓx×0.022/0.053398(時間)

例2

UVカット形メタルハライドランプ(セラルクス3500K)で照明した場合、
変退色が認められるまでの時間
(照度1000ℓx、85%毛・15%ナイロンの場合)
照明時間=96万ℓx時/1000ℓx×0.022/0.0151408(時間)

PAGE TOP

UVカット形メタルハライドランプ

このページの先頭へ