ランプ・光源情報

[HIDランプ]メタルハライドランプ

UVカット形メタルハライドランプ

UVカットQ&A

ランプ外管にUVカット膜をコーティングしたメタルハライドランプです。
紫外域の光(380nm以下)を約90%カットしています。

紫外域の光をカットすることにより、紫外線による様々な影響を押さえます。
また、可視光(380〜780nm)以外の紫外域の光をカットしているため、メタルハライドランプの白色光と高い演色性を保持しています。

UVカット膜とはなんですか?

放電ランプからは一部紫外域の光がでていますが、この紫外域の光を吸収し、ランプ外へ発せられる紫外域の光を抑える特殊な膜です(特許出願中)。

なぜランプにコーティングしているのですか?

ランプ交換により、優れたUVカット効果が継続して維持でき、UVカットガラスタイプに比べても高い効果が得られます(当社比)。また、既設の器具へもランプ交換によりUVカット効果をもたせることができます。

注) 既設器具について、器具形状、構造によっては適合できない場合がありますので、別途お問い合わせください。

UVカット膜の耐久性はどれくらい?

器具内などの乾燥した雰囲気では、ランプ寿命末期まで特性はほとんど変化しません。

UVをカットするとどんな効果があるのですか?

UVをカットすることは、昆虫の好む光や照射物に影響を与える波長域をカットすることになるため、昆虫の誘引性を低減したり、商品の変退色を抑制する効果があります。

紫外線にはどんな作用があるのですか?

紫外域の光(紫外放射)は、その波長からUV-A、UV-B、UV-Cに分類され下記の作用を持っています。

UV-A:380nm〜315nm

健康線ともいわれ、ビタミンDの生成や骨を促進するが、衣類などの変色・退色の原因となる。蛍光発光作用など、舞台・ディスプレイ分野に応用されている。

UV-B:315nm〜280nm

身体に紅斑や火ぶくれ(サンバーン現象)ができ、変色・退色の原因となる。

UV-C:280nm〜100nm

殺菌線とも呼ばれ、特に250〜260nm付近が最も強く、細菌・かび・ウイルス・酵母等に効果が有る。

PAGE TOP

UVカット形メタルハライドランプ

このページの先頭へ