情報ライブラリー

照明技術資料

照明計画資料

防爆照明

防爆電気設備の関係法規

1. 労働安全衛生法及び同関係規則

労働安全衛生法〔昭和47年 法律第57号〕

  • 第20条〔事業者の講ずべき措置等〕
  • 第42条〔譲渡等の制限〕
  • 第43条の2
  • 第44条の2〔型式検定〕
  • 第44条の3〔型式検定合格証の有効期間等〕
  • 第44条の4〔型式検定合格証の失効〕
  • 第54条の2〔型式検定代行機関〕
  • 第96条〔労働大臣等の権限〕

労働安全衛生法施行令〔昭和47年 政令第318号〕

  • 第13条〔労働大臣が定める規格または安全装置を具備すべき機械等〕
  • 第14条の2〔型式検定を受けるべき機械等〕

労働安全衛生規則〔昭和47年 労働省令第32号〕

  • 第27条〔規格に適合した機械等の使用〕
  • 第27条の2〔通知すべき事項〕
  • 第256条〔危険物を製造する場合等の措置〕
  • 第257条〔作業指揮者〕
  • 第261条〔通風等による爆発または火災の防止〕
  • 第274条〔作業規定〕
  • 第274条の2〔退避等〕
  • 第275条〔改造、修理等〕
  • 第276条〔定期自主検査〕
  • 第277条〔使用開始時の点検〕
  • 第278条〔安全装置〕
  • 第279条〔危険物等がある場所における火気等の使用禁止〕
  • 第280条〔爆発の危険のある場所で使用する電気機械器具〕〔ガス・蒸気関係〕
  • 第281条〔可燃性粉じんのある場所で使用する電気機械器具〕
  • 第282条〔爆発性粉じんのある場所で使用する電気機械器具〕
  • 第283条〔修理作業等の適用除外〕
  • 第284条〔点検〕
  • 第288条〔立入禁止等〕
  • 第546条〔危険物等の作業場等〕
  • 第547条
  • 第548条
  • 第549条〔避難用の出入口等の表示等〕

機械等検定規則〔昭和47年 労働省令第45号〕

  • 第2章型式検定〔第6条〜第17条〕

電気機械器具防爆構造規格〔昭和44年 労働省告示第16号〕

  • 第一章 総則
  • 第二章 ガス蒸気防爆構造

2. 電気事業法および同関係規則

電気事業法〔昭和39年 法律第170号〕

  • 第39条〔事業用電気工作物の維持〕

電気設備技術基準〔電気設備に関する技術基準を定める省令。昭和40年 通商産業省令第61号〕

  • 第159条〔金属管工事〕
  • 第164条〔ケーブル工事〕
  • 第168条〔高圧配線の施設〕
  • 第175条〔粉じんの多い場所の施設〕
  • 第176条〔可燃性のガス等の存在する場所の施設〕
  • 第185条〔放電灯の施設〕

電気設備に関する技術基準の細目を定める告示〔昭和40年 通商産業省告示第271号〕

  • 第31条〔金属管の防爆型附属品の規格〕
  • 第33条〔電気機械器具の防爆構造の規格〕

内線規程(JEAC8001-2011)〔日本電気協会 平成24年改訂版〕

  • 4章〔特殊場所の施設〕
    • 3415節 ガス蒸気危険場所

3. IEC関係規格

  • IEC 60079-0 (2011.06) Part0:Equipment - General requirements (機器 - 一般要求事項)
  • IEC 60079-1 (207.04) Part1:Equipment protection by flameproof enclosures “d” (耐圧防爆容器)
  • IEC 60079-2 (2007.02) Part2:Equipment protection by pressurized enclosures “p” (内圧防爆構造)
  • IEC 60079-5 (2007.03) Part5:Equipment protection by powder filling “q” (特殊防爆構造)
  • IEC 60079-6 (2007.03) Part6:Equipment protection by oil immersion “o” (油入防爆構造)
  • IEC 60079-7 (2006.03) Part0:Equipment protection by increased safety “e” (安全増防爆構造)
  • IEC 60079-10-1 (2008.12) Part10-1:Classification of areas - Explosive gas atmospheres (危険場所の分類 - 可燃性ガス雰囲気)
  • IEC 60079-10-2 (2009.04) Part10-2:Classification of areas - Combustible dust atmospheres (危険場所の分類 - 爆発性粉じん雰囲気)
  • IEC 60079-11 (2011.03) Part11:Equipment protection by intrinsic safety “i” (本質安全防爆構造)
  • IEC 60079-20-1 (2010.01) Part20-1:Material characteristics for gas and vapour classification - Test methods and date (ガス及び蒸気の分類のための材料特性 - 試験方法及びデータ)
  • IEC 60079-25 (2010.02) Part25:Intrinsically safe electrical systems (本質的安全システム)
  • IEC 60079-26 (2006.08) Part26:Equipment with equipment protection level(EPL)Ga (機器の保護レベル〈EPL〉Gaをもつ機器)
  • IEC 60079-27 (2008.01) Part27:Fieldbus intrinsically safe concept (FISCO) (本質的安全の概念)
  • IEC 60079-28 (2006.08) Part28:Protection of equipment and transmission systems using optical radiation (機器の保護及び光放射を用いる伝達システム)
  • IEC 60079-29-1 (2007.08) Part29:Gas detectors – Performance requirements of detectors for flammable gases (ガス検知器-可燃性ガス用検知器の性能要求事項)
  • IEC 60079-29-2 (2007.08) Part29:Gas detectors – Selection, installation, use and maintenance of detectors for flammable gases and axygen (ガス検知器 - 可燃性ガス及び酸素用検知器の選定、据付、使用及び保守)
  • IEC 60079-29 -3(2011.05) Part29:Gas detectors –Requirements on the functional safety of fixed gas detection systems (ガス検知器 - 定置形ガス検知システムの機能安全に関する要求事項)
  • IEC 60079-29-4 (2009.00) Part29:Gas detectors –Performance requirements of open path detectors for flammable gases and Oxygen (ガス検知器 - 可燃性ガス用オープンパス検知器の性能要求事項)
  • IEC 60079-30-1 (2007.01) Part30-1:Electrical resistance trace heating - General and testing requirements (電気抵抗トレース加熱 - 一般及び試験要求事項)
  • IEC 60079-30-2 (2007.01) Part30-2:Electrical resistance trace heating - Application guide for design, installation and maintenance (電気抵抗トレース加熱 - 設計、据付及び保守の適用手引)
  • IEC 60079-31 (2011.03) Part31:Equipment dust ignition protection by enclosure “t” (エンクロージャ“t”による機器の粉じん防爆)
  • IEC 60079-33 (2011.04) Part33:Equipment protection by spcial protection “s” (特殊防爆構造“s”による防爆構造規格)
  • IEC 60079-35-1 (2011.01) Part35-1:Caplights for use in mines susceptible to firedamp - General requirements - Construction and testing in relation to the risk of explosion (可燃性ガス蒸気の発生危険のある坑内で使用するキャップランプ - 一般要求事項 - 爆発のリスクに対応した構造及び試験)
  • IEC 60079-35-2 (2011.08) Part35-2:Performance and other safety - related matters (性能及び他の安全 - 関連事項)

4. 日本工業規格(JIS)

  • JIS C 60079-0 第0部:一般要件
  • JIS C 60079-1 第1部:耐圧防爆構造“d”
  • JIS C 60079-2 第2部:内圧防爆構造“p”
  • JIS C 60079-6 第6部:油入防爆構造“o”
  • JIS C 60079-7 第7部:安全増防爆構造“e”
  • JIS C 60079-10 第10部:危険区域の分類
  • JIS C 60079-11 第11部:本質安全防爆構造“i”
  • JIS C 60079-15 第15部:タイプ“n”防爆構造
  • JIS C 60079-18 第18部:樹脂充てん防爆構造“m”

5. 高圧ガス取締法関係法令

液化石油ガス保安規則

  • 第9条〔第一種製造設備〕

一般高圧ガス保安規則

  • 第12条〔定置式製造設備等の基準〕

6. 工場電気設備防爆指針(労働省産業安全研究所)

  • ガス蒸気防爆(2006)
  • 国際規格に整合した技術的基準指針(2008)
  • 粉じん防爆(1982)

7. 消防法

危険物の規制に関する政令

  • 第3章第1節 第9条〜第13条

PAGE TOP

ライティング講座


このページに掲載されている情報は、原稿執筆時現在の情報です。ご覧になった時点では、最新の情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

照明計画資料

照明技術資料

このページの先頭へ