Home > お問合せ・カタログ請求 > よくあるご質問(FAQ) > 商品とサービス > ランプ・光源・安定器 > PCB未使用のHID安定器を形式から簡単に判断する方法はありますか

よくあるご質問(FAQ)

2016年8月19日

PCB未使用のHID安定器を形式から簡単に判断する方法はありますか

HID安定器へのPCB含有コンデンサ使用を中止した1972年(昭和47年)4月以降の製造形式であればPCB非含有と判断できます。

また、低力率形安定器もコンデンサを使用していないため、非含有となります。

  • PCB非含有形式の例(○:ワットを表す、形式の1A・2Bなどの“1”は100V、“2”は200V用、“A”は50Hz、“B”は60Hz用を表すが省略されている場合あり)
    • H○-T・H○-C・・・ワットの後に続く記号が “T”・“C”のみ場合は低力率形を表す。
      【例: H3-T など】
    • H○TA(B)・H○CA(B)・ H○T1A(B)・ H○C2A(B)・・・ “T”・“C”の後に電圧や周波数記号が続く場合は低力率形を表す。
      【例: H3-TA50 、H4CA50 、H7C2B51 など】
      ※TC、CC、CLなどの高力率形は除く
      ※低圧ナトリウムランプ用は除く
    • 200W~1000Wは形式末尾記号が 41 、51 、352 など数値が2桁以上で、最後尾が “0” 以外の数値・・・・1990年代以降の形式
      【例: H2CC2A41 、H4TC1B51、H4CC2A352 など】

ランプ・光源・安定器に関するよくあるご質問


このページの先頭へ