Home > ニュース > ニュースリリース > 2014 > 明るさ測定アプリ『QUAPIX Lite(クオピクス ライト)』を無料提供開始

身近なあかりを手軽にチェック
明るさ測定アプリ『QUAPIX Lite(クオピクス ライト)』を無料提供開始

2014年2月25日
岩崎電気株式会社

岩崎電気株式会社(本社:東京都中央区、社長:渡邊 文矢)は、身近な「あかり」の確認ができるスマートフォン・タブレット向けアプリ『QUAPIX Lite(クオピクス ライト)』を開発。手軽に「今の環境がどの程度の明るさなのか」を知ることができるツールとして開発した無料アプリです。3月3日より提供開始。Google Playで、無料ダウンロードできます。

暮らしもあかりも多様化が進み、調光可能な照明器具など、各自の自由に明るさをコントロールできる場面が増えてきています。この明るさを測る尺度として一般的に「照度」「輝度」が知られています。

これまで岩崎電気では、「照度」「輝度」に加え、独自の画像処理技術により、光環境の中で人が感じる感覚量「明るさ」「目立ち」「視認性」の評価を可能とした光環境評価システム「QUAPIX(クオピクス)」を有償で提供してきました。〈参考資料添付〉

『QUAPIX Lite』では、これまで培った画像処理技術を活用し、手軽に「照度」「輝度」「目立ち」を測定することができます。

「照度」なら、シーン(用途・場所)を選んで判定を行います。測定位置の照度「○○ℓx(ルクス)」の表示とともに、推奨照度と比較して「明るい」「適切」「暗い」の3段階で評価をお知らせします。

「輝度」「目立ち」はカラー解析画像として表示されます。

「あかり」の効果を可視化することで、明るさや視環境をより身近なものとして体験することができます。

測定機能のほか、解析した画像をTwitterへ投稿することや、岩崎電気の関連商品、最新情報を見ることもできます。

  • ※端末のセンサ精度等により測定結果に差異が生じることがあります。参考値としてご使用ください。

『QUAPIX Lite』の使用イメージ

簡単タッチ操作で測定・解析できる「輝度」「目立ち」画像イメージ
簡単タッチ操作で測定・解析できる「輝度」「目立ち」画像イメージ

撮影画像を解析
撮影画像を解析

測定照度値のほか、シーンに合わせた推奨値(左側赤色)も表示
測定照度値のほか、シーンに合わせた推奨値(左側赤色)も表示

岩崎電気の最新情報を確認
岩崎電気の最新情報を確認

『QUAPIX Lite』の主な機能

  1. 簡単タッチ操作で光環境の確認
  2. 参考推奨値と比較して現状の明るさを評価
  3. 人間の感覚量「目立ち」を評価
  4. 解析した画像をTwitterへ投稿
  5. 岩崎電気の最新情報の確認

『QUAPIX Lite』の対応機種

Android(3.1以降)搭載のスマートフォン及びタブレット

※すべての機種での動作を保証するものではありません

(参考資料)クオピクスとは

人間の感覚量(=クオリア)に基づく、光環境評価システム「QUAPIX(クオピクス)」は、2010年1月に発売。

専用のカメラで撮影した写真をもとに輝度分布を作成する機能と、人が見ようとするモノが実際にどのように見えているかを画像から解析し可視化する機能を持つプログラムソフトです。

「QUAPIX」で可視化できる人間の視覚生理的反応・心理的反応のイメージは、「明るさ画像」「目立ち画像」「視認性画像」の3種類です。

快適な光環境の構築と照明設備の省エネルギー・省コストを提案する業務用のツールでしたが、多くの要望が寄せられたため、社外でもご活用いただけるようにソフトを改良して、照明器具メーカー、照明・店舗デザイナー、技術コンサルティング業務関連会社、表示装置の開発者向けに発売しているソフトウェアです。

例えば、省エネルギー化を図るために照度を低く設定する場合は、その施設ではモノを見るのに支障があるかについて検討・評価することが大切になります。

店舗等では商品がどれだけ目立っているかが重要になり、階段ではステップがしっかり見えているかが重要です。

これらを人間の感覚量でイメージ画像に出力できます。


  • ※「QUAPIX」、「クオピクス」は岩崎電気株式会社の登録商標です。
  • ※「Google Play」、「Android」はGoogle Inc.の商標または登録商標です。
  • ※「Twitter」はTwitter, Inc.の商標または登録商標です。

ニュースリリースに掲載されている内容(サービスの内容、商品の価格や仕様など)は、発表日現在の情報です。ご覧になった時点では内容が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

このページの先頭へ